スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:生活環境部 生活経済課

公開日:2018年2月4日 最終更新日:2018年2月8日

開催日
2018年3月3日(土曜日)〜2018年3月4日(日曜日)
ジャンル
催事・イベント
申し込み
必要
費用
無料
一時保育
なし
手話通訳など
あり(手話通訳)
画像:イラスト・映画『この世界の片隅に』より(拡大画像へのリンク)

『この世界の片隅に』 (C)こうの史代・双葉社 『この世界の片隅に』製作委員会

(画像クリックで拡大 61KB)

親子で楽しむ2日間!3月3日・4日、三鷹市芸術文化センターで開催します!

毎年恒例、親子で楽しめる企画が満載のアニメの祭典です。ご家族みなさまでお楽しみください。入場無料です。

開催日

平成30年3月3日(土曜日)
アニメーション古今東西 その15
平成30年3月4日(日曜日)
第16回インディーズアニメフェスタ

会場

三鷹市芸術文化センター

バスでお越しのかた
JR三鷹駅南口バス乗り場2番から「八幡前・芸術文化センター」下車すぐ
JR三鷹駅南口バス乗り場6番7番から「八幡前」下車1分
徒歩でお越しのかた
JR三鷹駅南口より徒歩約15分

各イベントのご案内

アニメーション古今東西 その15

毎年恒例、三鷹の森ジブリ美術館が厳選する古今東西の傑作アニメーションを上映します。アニメーションの面白さと奥深さをお楽しみください。

開催時間

  • 第一部 午前10時20分から正午頃 「星と月とアニメーション」
  • 第二部 午後2時20分から午後6時頃 「この世界の片隅に」特別上映とコトリンゴ トークショー&ミニライブ

第一部、第二部ともご招待します

招待者数

 第一部、第二部とも200人(市民は4人1組で40組160人、市外のかたは2人1組で20組40人)

申込方法

 2月19日(月曜日)必着で、官製はがきに必要事項をご記入のうえお申し込みください。
 1組1枚とし、複数枚での申し込みは無効。一人での申し込みも可。

必要事項

  1. 住所
  2. 代表者の氏名(年齢、フリガナ)
  3. 人数(代表者を含む)
  4. 電話番号
  5. 希望プログラム(第一部、第二部のどちらかを記入。1枚のはがきに1希望プログラムまで)

申し込み先

 〒181-0013 三鷹市下連雀一丁目1番83号
 三鷹の森ジブリ美術館「三鷹の森アニメフェスタ2018」係

当選者の発表

 招待状の発送をもって代えます。2月21日(水曜日)以降発送予定。
 電話などによる当否確認は受け付けません。
 なお、第一部、第二部ともに当日席あり(先着50人まで)。

主催

  • 三鷹市
  • 三鷹の森ジブリ美術館

機材協力

エプソン販売株式会社

第一部 「星と月とアニメーション」

人は昔から、遠い空に輝く星や月にあこがれを抱き、様々な物語を想像し、語り継いできました。そういった想像の世界を映像化するには、アニメーションはばっちりの表現なのです。
今回はそんな星と月を描いた作品から、古今東西の素敵な作品を選りすぐってお届けします。

上映作品(予定)(当日の上映順ではありません)

『美しい星』(古川タク 1972年 5分 日本)
イラストレーターとしても活躍する古川タク監督による短編作品。コミカルで可愛らしく動くキャラクターが魅力です。子どもたちが惑星となって宇宙を浮遊し、地球を回ります。音楽は村井邦彦、森山良子が歌っています。提供 タクン・ボックス。
『チーズ・ホリデー』(ニック・パーク 1989年 23分 イギリス)
おいしいチーズを求め、ウォレスとグルミットはお手製のロケットで月へと旅に出るのですが・・・。イギリスを代表するアニメーションスタジオ、アードマン・アニメーションズのニック・パーク監督が美術学校の卒業制作として制作を開始、完成までに6年も費やした記念すべきデビュー作。アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネートほか、多数の賞を受賞しました。
『この星の上に』(片渕須直 1998年 14分 日本)
片渕須直監督による短編作品。世界を旅する青年から少女に手渡された小さな木彫りの置物が、木の精霊となり、少女を未知の世界に誘います。人物も背景も一枚の絵のように描かれながら、生き生きと動くアニメーションです。製作・提供 アニドウ・フィルム。
『ちいさな星の王子さま』(ゾヤ・トロフィモヴァ 2002年 7分 フランス)
フランスのフォリマージュスタジオ製作の手書き紙アニメーション。とてもちいさな星に住む、ちいさな王子さまの掃除に明け暮れる一日をユーモラスなアニメーションで表現し、見るものに地球環境を大切にする心を思い起こさせます。
『月と少年』(エンリコ・カサロサ 2011年 7分 アメリカ)
少年は、おじいさんとお父さんと一緒に古い木製の小舟に乗って、夜の海へと漕ぎ出します。
波間に漂っていると、大きな月が昇り、思いもよらぬ光景が広がります。そこで少年は、代々受け継がれてきた“家業”について知るのです。第84回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされた、ピクサー・アニメーション・スタジオ制作、エンリコ・カサロサ監督による夢いっぱいの冒険ファンタジー。
『よだかの星』(加藤隆 2013年 10分 日本)
宮沢賢治の代表作を美しい色彩で映像化した手書きアニメーション作品。よだかは鷹から名前を改めるように迫られるなど生きることに絶望する中で、夜空の星々に自分も星にして欲しいと願うも叶えてはもらえず、最後に自らの力で空高く舞い上がります。
『おひさま』(しょーた 2015年 4分 日本)
大学の卒業制作として制作され、第14回インディーズアニメフェスタ審査員賞を受賞した作品。
ある時から夜が全く明けなくなってしまった村で、村人たちが困っていると、そこに現れた旅人は心が沈んだおひさまをリズミカルな音楽にのせて励まし続けます。

第二部 『この世界の片隅に』特別上映とコトリンゴ トークショー&ミニライブ

『この世界の片隅に』(片渕須直 2016年 129分 日本)

 『マイマイ新子と千年の魔法』(09)で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞した片渕須直監督が、徹底した原作追及、資料探求、現地調査、ヒアリングを積み重ね、すずさんの生きた世界をリアルに活き活きと描き出した本作。
 こうの史代による原作は、第13回メディア芸術祭マンガ部門優秀賞ほか各メディアのランキングでも第1位を獲得。綿密なリサーチによる膨大な情報、マンガ表現への挑戦がさりげなく織り込まれており、その創作姿勢と高い完成度から多くのマンガファン、そして書店員からも熱い支持を得ています。
 そして本作でアニメ映画初主演を果たす、女優・のん。優しさと柔らかさ、そしてどこか懐かしさを感じさせる声で、健気でかわいらしいすずさんを見事に演じています。

 上映後は「この世界の片隅に」のテーマ、劇中歌、BGMのすべてを手掛けた、コトリンゴさんによるトークショー&ミニライブを開催します。今作の劇中音楽に込めた想いや、片渕監督とのコラボレーション等についてお聞きし、舞台から皆様に生の歌をお届けします。

 司会および聞き手は、フリーアナウンサーの小島一宏さんです。

コトリンゴ プロフィール
5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
神戸・甲陽音楽学院を卒業後、ボストン・ バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。学位を取得後にはニューヨークを拠点に演奏活動を開始。2006年に坂本龍一に見い出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。以降、現在までに9枚のソロアルバムを発表。
2016年11月公開した劇場アニメーション映画「この世界の片隅に」のテーマ、劇中歌、BGMの全てを手がけ、日本アカデミー賞優秀音楽賞、毎日映画コンクール音楽賞、おおさかシネマフェフティバル音楽賞を受賞。映画、アニメのサウンド・トラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
2017年11月には3年半ぶりのオリジナル・アルバム「雨の箱庭」をリリース。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして、各方面から注目を浴びている。
コトリンゴ ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

三鷹の森ジブリ美術館

 電話 0570-055777 (ごあんないダイヤル)

このページの先頭へ

画像:インディーズアニメフェスタの告知ポスター(拡大画像へのリンク)

優秀な自主制作アニメーション作品を多数上映

(画像クリックで拡大 132KB)

第16回インディーズアニメフェスタ

全国のアニメクリエーターによる応募作から優秀な作品を選び上映し、プロの審査員による「グランプリ」と、来場者による「市民審査員賞」を決定します。当日は、上映作品の作家も壇上に上がり、作品や制作の裏側を紹介します。
当日は、鷹南学園三鷹市立中原小学校の児童が制作したアニメーション作品の上映もあります。
お子さまから大人のかたまで皆様が楽しめるイベントにご家族、お友達と一緒にぜひご参加ください!
三鷹のキャラクターPoki(ポキ)も会場でお出迎えします!

開催時間

午後1時開場 1時30分開会 4時頃まで

参加方法

直接会場へお越しください(定員200人)。

プログラム

  • ノミネート作品上映
  • アニメフェスタテーマソング紹介
  • 小学生アニメ作品上映
  • 表彰式

審査員(順不同)

  • 三上 浩司氏(東京工科大学メディア学部教授)
  • 中澤 一登氏(アニメーター)
  • 西岡 純一氏(株式会社スタジオジブリ広報部部長)
  • 武田 康廣氏(株式会社GAINAX京都)

主催

  • 三鷹市
  • インディーズアニメフェスタ実行委員会

協賛

  • 株式会社ボーンデジタル
  • 電子システム株式会社

お問い合わせ

有限会社そーほっと

インディーズアニメフェスタ実行委員会
電話 0422-70-3705
電子メール iafesta@m-sohot.com

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

生活環境部 生活経済課 商工労政係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2542〜2544)  ファクス:0422-46-4749

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

生活経済課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版