ここから本文です

よくある質問と回答:受診票が使えない医療機関の妊婦健康診査公費負担制度の助成

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2017年6月26日 最終更新日:2017年6月27日

質問

保健バッグに入っていた受診票が使えない医療機関(他県等)で受診したので、母子手帳の記載回数が全て自己負担です。この場合、妊婦健康診査公費負担制度の助成回数はどうなるでしょうか。

回答

健診にかかる一部公費負担分を償還払い助成(上限14回分)します。費用の領収書をまとめて出産後、総合保健センターに申請してください。問い合わせ健康福祉部健康推進課、電話0422-45-1151 内線4222~4228

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健サービス係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4222~4228) 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る