スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2017年11月19日 最終更新日:2017年11月20日

「アニサキス症について」

 最近、芸能人が相次いでテレビや週刊誌などで報告しているので、すでにご存じのかたも多いかと思いますが、アニサキス症はアニサキスという寄生虫が胃や腸の壁に寄生して激しい腹痛を引き起こす病気です。アニサキスはサバ、サケ、ニシン、イカ、イワシ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生することがあり、こうした魚介類を生で食べると、数〜十数時間後に激しい腹痛を引き起こします。吐き気やおう吐、じんましんなどの症状を伴うことがありますが、下痢や発熱などはみられないことが多いようです。

 アニサキスは、線虫類に属する寄生虫で、魚に寄生しているのは、アニサキスの幼虫です。体長は2〜3ミリメートル、半透明白色の糸状の形態をしています。魚介類の内臓に寄生しているアニサキスは魚介類の鮮度が落ちると内臓から筋肉(刺し身の部分)に移動することが知られています。

 予防には魚を生で食べないことが最も確実な方法で、魚を丸ごと1匹で処理するときは速やかに内臓を取り除くことが大切です。酢漬けや塩漬けなどの処理ではアニサキスは死滅しませんが、長時間の冷凍により感染リスクが軽減できます。魚介類を生で提供する場合は、厚生労働省によりマイナス20度以下で24時間以上の冷凍や60度で1分以上の加熱が勧められています。

 アニサキス症に対する効果的な治療薬はありませんが、胃にアニサキスが寄生した場合は内視鏡でアニサキスの虫体を確認した後、鉗子(かんし)という器具を使って摘出する治療が効果的です。腸にアニサキスが寄生してしまった場合にはアニサキスが死滅するのを待つしかありませんが、腸閉塞症状を引き起こしてしまった場合には開腹手術が必要な場合があります。

 食品の流通状態の改善により、魚介類が生で提供される機会が今後ますます増加することが予想されます。アニサキス症の予防のためにも、事業者のかたも含めた市民のみなさんが、アニサキス症に対する知識を深めていただくことが大切です。

お問い合わせ先

三鷹市医師会

電話 0422-47-2155

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202〜4204/4212、4213/4222〜4228)  ファクス:0422-46-4827

三鷹市医師会 電話0422-47-2155

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

健康推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版