スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 秘書広報課秘書係

公開日:2018年2月13日 最終更新日:2018年2月13日

画像:写真:古在由秀氏(拡大画像へのリンク)

古在由秀氏

(画像クリックで拡大 43KB)

初代国立天文台長や国際天文学連合会長としてご活躍

 三鷹市名誉市民で天文学者の古在由秀(こざい・よしひで)氏が平成30年2月5日、肝不全のためお亡くなりになりました。89歳でした。

 古在氏は、昭和3年に東京府北豊島郡(現在の東京都豊島区)で生まれ、東京大学理学部天文学科を卒業後、大学院で学びながら東京天文台に勤務され、米国スミソニアン天文台・ハーバード大学天文台研究員を経て、昭和41年に東京天文台教授、昭和56年には東京天文台長に就任されました。

 その後、昭和63年に東京天文台が自然科学機構(大学共同利用機関)国立天文台となったことから、古在氏が初代国立天文台長となり、平成6年3月まで在任され、また、昭和63年から平成3年までは「国際天文学連合」という国際的な天文学会の会長を、日本人として初めて務められました。

天文学発展への多大なご貢献

 古在氏は、天体力学に関する論文を数多く手掛け、人工衛星の軌道を算出する計算法の確立や、小惑星の軌道に関する研究などにおける数多くの世界的な業績で知られ、天文学の発展に大きくご貢献されました。

 平成14年秋の叙勲で勲二等瑞宝章を受章、平成21年には文化功労者の顕彰を受けられました。

 また、「天文台のあるまち三鷹」として、天文学に関する様々な取組を推進している三鷹市においても、三鷹ネットワーク大学の講師を務められるなど、天文学を身近にするための取組に、多大なご貢献をされました。

 三鷹市は、古在氏の国立天文台長を含め長きにわたる天文学者としてのご活躍と、天文学の世界的な発展に対する多大なるご功績と栄誉を讃えるため、平成22年に三鷹市名誉市民に推挙しました。

 ご冥福をお祈りします。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課秘書係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2011)  ファクス:0422-48-2593

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

秘書広報課秘書係のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版