スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2018年5月6日 最終更新日:2018年5月6日

冠攣縮性狭心症をご存知ですか

 狭心症というのは、みなさんもよくご存じのように心臓が痛む病気です。普通、狭心症というと労作(ろうさく)性狭心症を指します。

 労作性狭心症という病気は、心臓を養っている冠動脈という血管が、動脈硬化を起こして細くなり、体を使ったときに十分な血液が血管を流れないこと(=労作)によって起こります。冠動脈が細くなっていて、体を使ったときに心臓の筋肉に血液が十分に流れなくなると、心臓はこれを痛みとして感じます。これが労作性狭心症です。

 これとは別に冠攣縮性狭心症があり、こちらは安静時に起こります。典型的な症状は早朝の胸痛です。早朝以外にも夜間あるいは日中の安静時に起こることもあります。また、運動によって誘発される場合もありますが、やはり特徴は、安静時に起こることです。

 その原因は、冠動脈が、けいれんを起こすことです。発作時には冠動脈がけいれんを起こしてキュッと閉まり、そこから先に血液は流れなくなります。その結果、心臓の筋肉に血液が行かなくなって心臓が痛むのです。

 この病気は、発作が長く続いたりした場合、心筋梗塞を起こすことがあります。心筋梗塞というのは、心臓を養っている冠動脈が一定時間以上詰まることで心臓の筋肉が死んでしまい、心臓の働きが悪くなって、重症化すると死に至る病気です。また、狭心症の発作時に、重篤な脈の乱れを生じて心臓が止まってしまうこともあり、突然死の原因の一つになっています。治療としては、冠動脈のけいれん発作を抑える薬が投与されます。

 狭心症は、体を動かしているときにだけ起こるものではありません。安静時に胸痛を感じるようでしたら冠攣縮性狭心症の可能性もあるので、一度専門の先生に相談してください。

お問い合わせ先

三鷹市医師会

電話 0422-47-2155

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202〜4204)  ファクス:0422-46-4827

三鷹市医師会 電話0422-47-2155

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

健康推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版