スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2018年6月3日 最終更新日:2018年6月3日

女性のお口の健康について

 女性の健康にとって切っても切り離せない女性ホルモンは、お口の中の環境にも大きく影響を及ぼしています。
 体内で女性ホルモンが作られ始め、月経が始まる思春期には、歯肉炎が起きやすくなります。お口の中にいる何種類もの歯周病の原因菌の中には、女性ホルモンを栄養源とするものがあるため、歯茎が腫れやすくなるのです。
 女性ホルモンが増える妊娠中も歯肉炎が起きやすくなります。さらに、つわりなどでブラッシングが困難になり、悪い菌が増殖すると、歯周病に進行することがあります。重度の歯周病になると、歯の周りの組織にプロスタグランジンという陣痛促進剤にも使用されている炎症性の物質が増えることから、早産のリスクが高まってしまいます。妊娠中のお口の健康を維持するため、市では妊婦歯科健診を行っています。市内の歯科医師会に加入している歯科医院で受診できますので、妊娠中のかたはぜひ健診を受けてください。

 さて、ここまでは女性ホルモンが多くなったときのことを話してきましたが、逆に少なくなるとまず影響が出るのが、唾液を作る唾液腺です。女性ホルモンが減ることにより、その機能が低下してお口の中の潤いが減少するのが、ドライマウスと呼ばれる症状です。ドライマウスになると、乾いた食べ物が飲み込みづらくなったり、唾液が口の中を洗い流してくれないために細菌が増殖して、虫歯や歯周病のリスクが高くなったりします。
 でも、誰もがいつまでも健康で、そしてできれば美しくいたいものですよね。6月9日(土曜日)に行われる「愛歯のつどい」(リンク先のページは掲載を終了しました)では、女性の健康に関する専門家としてテレビ番組への出演も多い対馬ルリ子さんを講師にお迎えし、「女性の口腔健康とアンチエイジング」と題して、お話しいただきます。みなさんのご来場を、お待ちしております。

お問い合わせ先

三鷹市歯科医師会

電話 0422-45-2715

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202〜4204)  ファクス:0422-46-4827

三鷹市歯科医師会 電話0422-45-2715

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

健康推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版