スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:スポーツと文化部 芸術文化課

公開日:2018年7月11日 最終更新日:2018年7月11日

入賞作品は、星と森と絵本の家の回廊ギャラリーにて順次展示します

 第5回三鷹市星と森と絵本の家回廊ギャラリー展示絵本作品公募の選考結果をお知らせします。
 今回は56点の作品を応募いただき、選考の結果、下記のとおり6作品が入賞しました。

優秀作

『ながれぼしに おねがい』
こいずみゆうこ 作(新潟県南魚沼市)
『じいちゃんの はなの穴に 宇宙があった。』
さとーけーいち 作(東京都西東京市)
『あ、おつきさま』
桃戸栗子 作(福岡県福岡市)

佳作

『おとうさんのかさ』
あんどうともこ 作(東京都三鷹市)
『おふとんひめ』
こにしゆか 作(東京都東久留米市)
『星空の夜』
Triandhika Anjani作(京都府京都市)

 入賞作品は、星と森と絵本の家の回廊ギャラリーで順次展示します(平成30年9月〜31年6月)。
 各作品の展示スケジュールは、決まり次第ホームページでお知らせします。

最終選考に残った作品

  • 『ほしぐみのそつえんえんそく』 あきやまささら 作
  • 『そらのコンサートにごしょうたい』 かみむらえり 作
  • 『太陽の風の子ども達』 寺嶋あかね 作
  • 『エドとポラリス』 水森寅心 作
  • 『ちじょうに おりた ほしのこキラリ』 山庭さくら 作 ・ よしむらめぐ 絵

総評

 今回は応募数が過去最多であったのみならず、作品のレベルが高く、審査は非常に難しいものでした。意欲的な作品が多く、何回も読みたくなる絵本づくりに挑戦している応募者に改めて敬服しました。

 最終選考に残った作品は、いずれも独自の技術と世界が表現されており、レベルの高さを感じるものばかりでした。一方で、絵とストーリーの両方が揃ってこその絵本であり、興味深い作品ばかりでしたが、その水準には及ばず、最優秀賞の選出には至りませんでした。
 ですが、今回の公募は、宇宙同様に絵本の魅力も無限であることを実感するものでした。ぜひ来年も、皆さんのご応募をお待ちしております。

(三鷹市星と森と絵本の家 館長 前田佳那)

このページの先頭へ

画像:チラシの表紙画像(拡大画像へのリンク)

たくさんのご応募ありがとうございました

(画像クリックで拡大 76KB)

第5回三鷹市星と森と絵本の家回廊ギャラリー展示絵本作品公募 募集要項

募集テーマ

 「天体」「宇宙」をテーマにした絵本を想定して描かれたもの。フィクションまたはノンフィクションの絵本で、科学絵本、写真絵本などジャンル、手法は問わない。

募集期間

 平成30年5月7日〜21日

選考委員

  • 絵本研究家 広松由希子氏(選考委員長)
  • 国立天文台広報普及室長 縣秀彦氏
  • 株式会社文伸 代表取締役社長 川井信良氏
  • みたか・子どもと絵本プロジェクト連絡会代表 小谷奈保子氏
  • おとな絵本ラウンジ代表 梅澤尚子氏
  • 三鷹市星と森と絵本の家 館長

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 芸術文化課 星と森と絵本の家
〒181-0015 東京都三鷹市大沢二丁目21番3号(国立天文台内)
電話:0422-39-3401  ファクス:0422-39-3402

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

芸術文化課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版