スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2018年9月2日 最終更新日:2018年9月2日

妊娠糖尿病

 糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が異常に高くなる病気です。そして、全身の血管が侵されて目の網膜症、神経障害、腎症などを招きます。妊娠糖尿病は妊娠前には正常の血糖値であった人が、妊娠によるホルモンの変化により高血糖になった状態で、妊娠中に初めて発見されたものをいいます。

 妊娠糖尿病は妊婦全体の5%くらいですが、家族に糖尿病の人がいる、以前の妊娠で妊娠糖尿病になった、巨大児出産の経験がある、高齢妊娠や肥満などの要因がある人は、ない人の3倍以上発症しやすいといわれます。妊娠中は胎盤から出るホルモンのインスリン拮抗(きっこう)作用や、胎盤でインスリン分解能が高まることで、妊娠前と比べてインスリンの需要量は2倍に増加します。インスリンが低下すると、母体が糖を筋肉や細胞内に取り込みにくくなるうえに、母体は胎児にブドウ糖を送ろうと脂肪酸を分解してブドウ糖を増やすようになって血糖値が上昇し、胎児も高血糖になります。

 妊娠中は過食や運動不足になりがちで、食事の内容やライフスタイルの欧米化なども要因となり、妊娠糖尿病は増えています。血糖のコントロールが悪いと、胎児死亡率が高くなり、妊娠高血圧症候群、胎児発育不全や形態異常、巨大児、新生児の低血糖や呼吸障害などさまざまなリスクが出てきます。

 しかし、妊娠糖尿病になっても大半の人は食事療法と運動療法で正常の血糖値になります。そして、出産後は自然に元に戻ります。ただし、将来40〜60%の人は糖尿病になりやすい傾向があるので、食事など日常生活に注意して、時々血糖値の検査をすることが大切です。肥満は妊娠糖尿病の重要な危険因子なので、妊娠前から日常生活の中でも特に食生活に気を付けましょう。

お問い合わせ先

三鷹市医師会

電話 0422-47-2155

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202〜4204)  ファクス:0422-46-4827

三鷹市医師会 電話0422-47-2155

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

健康推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版