スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2018年11月4日 最終更新日:2018年11月4日

甲状腺の病気

 甲状腺の病気は80〜90%の割合で女性に多く、あまりよく知られていないため、自分では気付かないことがあります。症状も多様なため、ほかの病気と間違えられがちですが、甲状腺機能は妊娠や出産にも影響を及ぼすことがあるので、特に女性には正しい知識を持ってほしい病気です。甲状腺は喉仏の下にあり、新陳代謝や成長に欠かせないホルモンを作っている小さな内臓です。甲状腺ホルモンの量は健康であれば適正な量が保たれていますが、甲状腺疾患になると甲状腺ホルモンの分泌量が過剰もしくは不足することで、心身にさまざまな症状が出てきます。

 甲状腺疾患は大きく分けると、全体的な病気と部分的な病気の二つに分けられ、全体的な病気は、さらに二つに分かれます。一つは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌する甲状腺機能亢進(こうしん)症で、代表的なのはバセドー病です。もう一つは、ホルモンの出が悪くなる甲状腺機能低下症で、橋本病がよく知られています。部分的な病気については、腫瘍などが挙げられます。

 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると新陳代謝が良くなりすぎて、車に例えるとアクセル全開の状態になり、燃費が極端に悪くなります。食べても食べても痩せる、暑くないのに汗をかく、お腹を下す、動悸(どうき)や脈が速くなる、手足が震えるなどの症状が出ます。精神面では落ち着きがなくなり、ひどくなるとイライラや不眠を引き起こします。これに対し、ホルモンの量が不足すると代謝が悪くなるため、太ったり、むくんだり、脈が遅くなります。精神面では落ち込みがひどくなり、うつ病のような状態になることもあります。このような症状を更年期障害のせいだと思っていたら、実は甲状腺の病気だったというケースもあるため、思い込みは禁物です。早めに医療機関を受診し、精密検査を受けましょう。

お問い合わせ先

三鷹市医師会

電話 0422-47-2155

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202〜4204)  ファクス:0422-46-4827

三鷹市医師会 電話0422-47-2155

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

健康推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版