ここから本文です

住民票等に旧氏(旧姓)の併記が可能に

作成・発信部署:市民部 市民課

公開日:2019年11月3日 最終更新日:2019年11月3日

住民票等に旧氏(旧姓)を併記することができます

住民基本台帳法施行令等の一部が改正され、令和元年11月5日より住民票等へ旧氏(旧姓)を併記できるようになりました。

これにより、婚姻等で氏(うじ)に変更があった場合でも、旧氏による本人確認ができるようになります。

旧氏とは
その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

旧氏で印鑑登録ができます

住民票に旧氏が併記されているかたは、旧氏の印鑑で印鑑登録をすることができ、印鑑登録証明書には旧氏が記載されます。

注意事項
登録できる印鑑は、旧氏、新氏のどちらかひとつのみになります。

マイナンバーカードにも旧氏が併記されます

住民票に旧氏を併記した後は、通知カードやマイナンバーカード、公的個人認証の署名用電子証明書にも旧氏を併記し、公証することができるようになります。

申請について

  • 住民票に旧氏を併記するためには、窓口で手続きが必要になります。
  • 住民票等に記載できる旧氏は1人につきひとつだけです。
  • 旧氏を初めて記載する際は、戸籍に記載されている過去の氏からひとつを選んで併記することができます。
  • 旧氏は、他市町村に転入しても引き続き記載できます。
  • 旧氏を併記したかたが、住民票の写し等の交付を受ける場合、現在の氏と旧姓の両方が必ず表示されます。

請求に必要なもの

  1. 住民票への併記を希望する旧氏が記載された戸籍から、現在の戸籍に繋がる全ての戸籍謄本等
  2. 運転免許証、健康保険証などのご本人確認書類
  3. マイナンバーカードまたは通知カード ※カードに旧氏を併記するために必要

手続きできる場所と取扱い時間

三鷹市役所

市民課(1階7番窓口)
月曜日~金曜日の午前8時30分~午後5時(祝日、年末年始を除く)

お問い合わせ先

旧氏併記に関するその他詳細については、下記までお問い合わせください。

市民部 市民課 届出・証明係
電話 0422-45-1151(内線:2326~2328)

このページの作成・発信部署

市民部 市民課 届出・証明係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2326~2328) 
ファクス:0422-45-1298

市民課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る