ここから本文です

健康コラム「おたふくかぜ」

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2019年11月3日 最終更新日:2019年11月3日

感染を予防することが唯一の対処法です

おたふくかぜはムンプスウイルスによる感染症で、正式には「流行性耳下腺炎」といいます。飛沫(ひまつ)感染や接触感染の後、2~3週間の潜伏期間を経て発症し、片側、または両側の唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺)の腫れが特徴です。

また合併症としては髄膜炎が多く(2~10%)、そのほか脳炎、難聴、男子の睾丸炎、女子の卵巣炎などがあります。髄膜炎は比較的予後良好といわれていますが、難聴は後遺症として残りやすく、日本耳鼻科学会が行った調査では2015~2016年の2年間でおたふくかぜによる難聴は少なくとも336人に見られ、うち274人(約80%)は高度以上の難聴が後遺症として残り、最終的に12人は日常生活に支障があるため、補聴器または人工内耳の装用が必要でした。

おたふくかぜに対する有効な治療薬はなく、こういった重い合併症を避けるためには感染を予防することが唯一の対処法です。

おたふくかぜの学校での出席停止は、唾液腺が腫れた日を0日目としてその後5日間を経過するまでですが、腫れの出る数日前から感染力を持つため、腫れた後での隔離のみでは限界があります。

予防にはワクチンが有効ですが、日本では定期接種になっていないため任意で接種を受けるしかなく、接種率は30~40%程度にとどまっています。ワクチンは2回接種が望ましく、1回接種後4~5年後に2回目の接種を行うのが一般的です。現在日本で使用しているワクチンの安全性は非常に高いとされています。

ワクチン接種は受けた本人のみならず、その周囲の人の安全を守ることになりますので、お互いを思いやる気持ちを持って、より多くのかたに接種を受けていただくことを期待しています。

お問い合わせ先

三鷹市医師会

電話 0422-47-2155

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202~4204) 
ファクス:0422-46-4827

三鷹市医師会 電話0422-47-2155

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る