スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:生活環境部 生活経済課

公開日:2017年7月12日 最終更新日:2017年7月13日

画像:写真・ブルーベリー収穫の様子(拡大画像へのリンク)

ブルーベリーの説明をききながら味比べをしました

(画像クリックで拡大 182KB)

三鷹市内の親子80人に収穫体験などをとおし、三鷹市における都市農業への理解を深めていただくことができました

 平成29年7月8日(土曜日)、三鷹市と三鷹市農業委員会、三鷹市都市農政推進協議会、JA東京むさし三鷹支店は共催により、第36回都市農業を育てる市民のつどい(イベント名「ブルーベリーと夏野菜の親子収穫体験」)を開催しました。
 この催しは、三鷹市における都市農業の役割や実情を市内の親子に理解していただく機会として、毎年同じ時期に開催しています。
 今回も多くの応募者の中から厳正なる抽選の結果、当選した33組80人の親子にご参加いただくことができました。

 参加者は、最初の体験農場である北野の田辺一郎さんの圃場で、園主による農業への取り組みや畑の説明を受け、ナスと枝豆を収穫しました。次に訪れた新川の三鷹ファーム圃場でタマネギを収穫した後、野崎で約80種類のブルーベリーを栽培している吉野康雄さんの吉野農園へ向かい、園主によるブルーベリーの説明を受け、大きく実ったブルーベリーの摘みとりを体験しました。

このページの先頭へ

画像:農産物に関するクイズ等を通して都市農業への理解を深めていただくことができました(拡大画像へのリンク)

農産物に関するクイズ等を通して都市農業への理解を深めていただくことができました

(画像クリックで拡大 118KB)

 収穫体験後は、JA東京むさし三鷹支店で、JA東京むさし三鷹地区女性部の皆さんが作った市内産野菜を使ったカレーやサラダ、市内産鶏卵で作ったプリンなどの昼食を味わっていただきました。また、昼食会場では、参加者と生産者が同じテーブルを囲んで交流するとともに、参加者からの質疑応答や農産物に関するクイズを通して、三鷹市における都市農業への理解を深めていただくことができました。

 本事業は、三鷹市消費者団体連絡会、NPO法人みたか都市観光協会、三鷹市農業団体連絡協議会、一般財団法人内田農業振興会にご後援をいただいているほか、多くの皆様にご協力をいただき開催しています。
 清原慶子三鷹市長は主催者あいさつの中で、参加者はじめ本事業運営への協力者に対し、深く感謝を述べました。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

生活環境部 生活経済課 都市農業係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:3063)  ファクス:0422-29-9796

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

生活経済課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版