スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:スポーツと文化部 スポーツ推進課

公開日:2017年8月22日 最終更新日:2017年8月22日

画像:颯飛くんと関係者の集合写真(拡大画像へのリンク)

颯飛くんと関係者の集合写真

(画像クリックで拡大 43KB)

去る7月30日(日曜日)に両国国技館で開催された第33回わんぱく相撲全国大会で見事に優勝を果たした児玉颯飛(こだま・はやと)君が、三鷹市を表敬訪問し、優勝報告をしてくれました。

全国大会4年生個人の部は、全国で予選を勝ち抜いてきた132人の力士たちが、トーナメント方式で優勝を争い、児玉君は2回戦から決勝戦まで七番の取組に勝利し、全国一に輝きました。

児玉君の優勝報告

「3回戦では、今年1月に開催された白鵬杯の決勝戦の相手と当たり、苦しい戦いでしたが、優勝が決まったときは本当にうれしかったです。普段の練習では、監督とのぶつかり稽古がきついですが、これからの目標は10月に開催される全国少年相撲選手権大会の団体戦で優勝することです。」

清原慶子市長からの祝福メッセージ

「このたびは7連勝での全国大会優勝、誠におめでとうございます。日頃の地道な練習の成果だと思います。三鷹相撲クラブの地元の三鷹市長として、大変誇りに思います。三鷹市はこれまでも土俵を守り続けてきましたが、4月にオープンしたSUBARU総合スポーツセンターでも土俵を守らせていただいています。三鷹市内に在住していなくても市内の三鷹相撲クラブで相撲を続けてきた児玉颯飛君は、立派な三鷹市民です。次の目標とされている団体戦では、素晴らしい集中力と持ち前の元気でチームの中心となり優勝目指して頑張ってください。」

児玉颯飛(こだまはやと)君プロフィル
稲城市在住の小学4年生
身長150cm 体重67kg
所属:三鷹相撲クラブ
三鷹市在住の祖父の薦めで5歳から三鷹相撲クラブで相撲を始める。
2015年10月11日に両国国技館で開催された第12回全国少年相撲選手権大会に当時小学2年生で出場し準優勝、今年1月29日に両国国技館で開催された第七回白鵬杯小学3年生個人の部での優勝に続き、今回のわんぱく相撲全国大会で優勝した。

このページの先頭へ

画像:市長から祝福の花束(拡大画像へのリンク)

市長から祝福の花束

(画像クリックで拡大 41KB)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 スポーツ推進課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2931〜2934)  ファクス:0422-45-1167

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

スポーツ推進課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版