スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:生活環境部 生活経済課

公開日:2017年11月28日 最終更新日:2017年11月28日

画像:三鷹の農業者が丹精込めて栽培したカリフラワーとブロッコリー(拡大画像へのリンク)

三鷹の農業者が丹精込めて栽培したカリフラワーとブロッコリー

(画像クリックで拡大 38KB)

三鷹産カリフラワー・ブロッコリーは市内農家の庭先販売所や三鷹緑化センターで購入できます

 平成29年11月28日(火曜日)、三鷹市野菜生産組合の森屋昭男組合長、洋菜部の清水章部長と石井昭広副部長、役員の岡田裕一さんから、清原慶子三鷹市長に対し、三鷹産カリフラワーとブロッコリーの出荷報告をいただきました。

 カリフラワーは、今回、通常の白色のほかに、オレンジ色、緑色、そして紫色の色鮮やかな4色のカリフラワーをお届けいただきました。

 三鷹市長に対し三鷹市野菜生産組合のみなさんから、紫色のカリフラワーは茹でると青っぽく変色するが、お酢につけると鮮やかな紫色に戻ることやカリフラワーの中には一つの玉の中に複数の色が混在するものがある等、野菜の特性などの話を織りまぜながら、興味深い出荷報告をいただきました。

 清原慶子三鷹市長は、今年の農業祭では、秋の日照不足にも関わらず、3,000点以上もの農畜産物を出品していただいたこと、そして森屋組合長をはじめとする野菜生産組合のみなさんに、高い技術でおいしい野菜を生産していただいている農業者の日々の努力に対し、感謝を述べました。

このページの先頭へ

昭和30年代から生産に取り組む三鷹産カリフラワーは品質の高さを市場で高く評価されています

 三鷹市野菜生産組合は、昭和30年代からカリフラワーの生産に取り組んでいるため、三鷹の農業者の長い栽培の歴史の中で培われた生産技術が品質に反映し、市場で高く評価されています。

 カリフラワーは食物繊維だけでなくビタミン類が豊富で、特にビタミンCは100グラムで1日分の必要量を摂取でき、加熱してもビタミンCが減りにくいことが特徴です。

 三鷹市内では白、オレンジ、紫そして緑色のものを生産しています。4色のカリフラワーはそれぞれ食感や味も異なり、食べ比べもお勧めです。

 三鷹産カリフラワーとブロッコリーは、市内農家の庭先販売所や三鷹市農業公園内のJA東京むさし三鷹緑化センター(三鷹市新川六丁目30番22号(外部リンク) 電話0422-48-7482)などで購入することができます。

 産地ならではの、新鮮で甘みのあるカリフラワーとブロッコリーを、是非ご賞味ください。

問い合わせ先

三鷹市野菜生産組合

JA東京むさし三鷹支店 指導経済課
電話0422-46-2152

このページの先頭へ

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(外部リンク)

このページの作成・発信部署

生活環境部 生活経済課 都市農業係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:3063)  ファクス:0422-29-9796

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

生活経済課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版