スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:行政委員会 農業委員会

公開日:2018年3月6日 最終更新日:2018年3月6日

画像:寄付金とレシピ本を手にする青壮年部員及び市長・教育長(拡大画像へのリンク)

教育振興基金寄付金をいただきました

(画像クリックで拡大 47KB)

 平成30年3月5日(月曜日)、JA東京むさし三鷹地区青壮年部の根岸隆好部長、森屋賢副部長及び山本達也副部長から、清原慶子三鷹市長と高部明夫三鷹市教育長に「教育振興基金寄付金」の贈呈及び「食育カレンダー平成30年度版」の完成報告をいただきました。

「三鷹野菜でつくるごはんたち」の売上金による寄付です

 レシピ集「三鷹野菜でつくるごはんたち」は、1作目平成20年度版から9作目平成28年度版食育カレンダーに掲載された「三鷹の旬の野菜でつくるレシピ」を冊子にまとめ、平成29年4月に発売したものです。
 今回は、今年の2月末までに販売された654冊の売上金327,000円をご寄付いただきました。

このページの先頭へ

画像:食育カレンダーを手にする青壮年部長や市長らの参加者(拡大画像へのリンク)

完成した食育カレンダーを手して

(画像クリックで拡大 45KB)

青壮年部員の想いが詰まったカレンダー

「食育カレンダー」は、JA東京むさし三鷹地区青壮年部が食農教育活動の一環として毎年製作しているもので、今回の平成30年度版が11作目となります。10作目の平成29年度版からは、新たに、子どもたちが作った「食育標語」が登場し好評です。

 根岸青壮年部長は、これまで「食育カレンダー」に掲載した風景画は野菜が多く、農業といえは野菜というイメージが強いですが、11回目となる今回は、三鷹農業PRのため、巻末に「三鷹産のなかまたち」と称して野菜以外の農産物を紹介するページを設けました。このページの写真や各月の旬野菜を取り上げる「三鷹菜時記」の写真は、青壮年部員自身が自分たちの圃場で撮影した写真を使用するなど、各部員の「思いが詰まった」食育カレンダーに仕上がりましたと成果を述べました。

 清原市長は、農のある風景画コンテストに応募し入選した作品が、このようなカレンダーの絵になることは、農や食への関心が高まる良い取り組みと思います。また、各月掲載の「食育標語」は、日頃から農に接して生活している三鷹の子どもならではのどれも感性が高く、すばらしい作品ばかりでねと感謝の言葉を述べました。

 そして高部教育長は、青壮年部にご協力いただいている学校の食育活動や学校給食への市内産野菜の活用などを通し、今後も各学校で食育に取り組んでいきたいと抱負を述べました。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

行政委員会 農業委員会 庶務係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:3063)  ファクス:0422-29-9796

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

農業委員会のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版