ここから本文です

ルーテル学院大学と包括的な連携協力に関する協定を締結しました

作成・発信部署:企画部 企画経営課

公開日:2018年10月17日 最終更新日:2018年10月17日

画像:協定書を取り交わし、笑顔で握手する市川学長と清原市長(拡大画像へのリンク)

市川ルーテル学院大学学長(左)と清原市長(右)

(画像クリックで拡大 59KB)

ルーテル学院大学と三鷹市との包括的な連携協力に関する協定の締結式を行いました

 10月17日(水曜日)、「ルーテル学院大学と三鷹市との包括的な連携協力に関する協定書」の締結式を行い、市川学長、清原市長がそれぞれ協定書に署名しました。今回締結した協定では、地域福祉・生涯学習、学校教育・子どもの支援に関することなど様々な分野において包括的な連携協力をしていくこととしています。

ルーテル学院大学とのさらなる協働の推進に向けて

 ルーテル学院大学は、昭和44年(1969年)に現在の三鷹キャンパスに移転して以来、約50年にわたり市内での研究・教育活動を行ってきました。
 これまでも大学の専門性を活かして、多様な連携事業を実施してきました。例えば、地域の支え合いの仕組み「地域ケアネットワーク」づくり事業では、教員の皆様に運営委員としてご参加いただくほか、学生の皆様にはサロン活動等のボランティアとしてご参加いただくなど、地域福祉の向上に向けてご活躍いただいています。
 また、大学の授業を市民が受講できる「市民聴講生事業」では、平成29年度実績で37人の方々が社会福祉や美術史など専門的な学問について学ばせていただきました。

 本協定締結を契機として、今後さらに連携協力を強め、双方の持つ資源や場を最大限活用し、地域課題の解決や活力ある地域社会の創造に向けて取組を進めていきます。

このページの作成・発信部署

企画部 企画経営課 企画調整係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2111~2114) 
ファクス:0422-48-1419

企画経営課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る