ここから本文です

秋晴れのもと、第27回三鷹市民駅伝大会が開催されました

作成・発信部署:スポーツと文化部 スポーツ推進課

公開日:2018年11月27日 最終更新日:2018年11月27日

画像:195チームが一斉スタートしている様子の写真(拡大画像へのリンク)

195チームが一斉スタート

(画像クリックで拡大 66KB)

「第27回三鷹市民駅伝大会」が25日行われ、195チームからなるランナーが三鷹市内をタスキで繋ぎました

 三鷹中央防災公園・元気創造プラザをスタートし、日本無線中央広場をゴールする、12.5キロメートルのコースは、沢山の応援に包まれました。

 優勝は、昨年に引き続き、三鷹警察署チーム。
 37分57秒での完走でした。

 今回の大会には、トライアスロンの高橋侑子選手が参加してくれました。
 高橋選手は三鷹市在住で、2018年は、第18回アジア大会個人・混合リレーで金メダル、日本選手権優勝と活躍され、市民駅伝大会を大いに盛り上げてくれました。

画像:元気いっぱい走る子どもたちの写真(拡大画像へのリンク)

元気いっぱい走りっこ

(画像クリックで拡大 43KB)

 SUBARU総合スポーツセンターサブアリーナでは、東京2020オリンピック・パラリンピック気運醸成事業として、今年で3年目となる、コニカミノルタ陸上競技部による「走りっこ教室」が、4~5歳児を対象として行われ、「走る」ことを全身で楽しむ子どもたちの姿に、大人たちも大いに元気づけられました。

 今年も中学生や杏林大学の学生ボランティアをはじめとする、750名のボランティアスタッフに支えられ、大会を開催することができました。
「する、見る、支える」スポーツ文化を、来年の三鷹市民駅伝大会へと繋いでいきます。

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 スポーツ推進課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2931~2934) 
ファクス:0422-45-1167

スポーツ推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る