ここから本文です

災害時の福祉避難所に関する協定を締結しました

作成・発信部署:総務部 防災課

公開日:2019年2月8日 最終更新日:2019年2月8日

画像:写真:株式会社木下の介護との協定締結式の様子(拡大画像へのリンク)

協定締結式の様子

(画像クリックで拡大 53KB)

株式会社木下の介護と協定を締結しました

 2月5日(火曜日)、三鷹市役所市長公室で、「災害時における福祉避難所施設利用に関する協定」の締結式が行われました。

 福祉避難所は、介護が必要な高齢者や障がい者などが被災した場合に、必要に応じて市が施設の一部をお借りして開設するものです。

 この協定により、株式会社木下の介護が運営する市内の2施設のライフコミューン深大寺(野崎3丁目13番26号)及びライフコミューンつつじヶ丘(中原1丁目6番25号)について、必要に応じて市が施設の一部に福祉避難所を開設して要配慮者の支援を行います。今後、避難所の開設・運営に必要な備蓄や避難所運営などについても各施設と協力して取り組みます。

 当日は、清原市長と株式会社木下の介護 運営1部 執行役員の光石雅裕様により協定書を取り交わしました。

このページの作成・発信部署

総務部 防災課
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4511~4513) 
ファクス:0422-45-1190

防災課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る