スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

各記事のタイトルをクリックすると、詳細ページをご覧いただけます。

環境標語の表彰式を行いました

画像:受賞者のみなさんの集合写真

受賞者のみなさん

テーマ「環境から見直そうわたしたちの暮らし 〜未来の子どもたちのために〜」について、150点の作品をお寄せいただきました。 ◇市長賞 『残さずに、ご飯を食べて、ゴミ減らそう』 國本 かえで ◇環境基金活用委員会会長賞 『街角の 新鮮野菜 いつまでも』 石松 瑛子 ◇その他優秀賞10点 (敬称略)

このページの先頭へ

三鷹市農業委員会から意見書を頂きました

画像:意見書の提出の様子

意見書を受け取る清原市長と根岸会長

 平成29年6月20日に、三鷹市農業委員会から、農業委員会等に関する法律第38条に基づき、「生産緑地法の改正に伴う下限面積の引き下げについて」の意見書が清原市長に提出されました。これまで生産緑地地区を指定する際の面積要件は、生産緑地法により、下限が一団で500平方メートルと規定されていました。しかし平成29年6月15日に施行された改正生産緑地法により、面積要件については、市町村の条例により下限を300平方メートルまで引き下げることが可能となりました。  これを受けて、三鷹市農業委員会が、農業委員会等に関する法律第38条の規定に基づき、市内農地を可能な限り保全していくために、生産緑地地区を指定する際の面積要件を定める条例を早期に制定するよう三鷹市に要望したものです。  さらに6月21日には、三鷹市都市農政推進協議会から「改正生産緑地法に伴う下限面積の引き下げについて」の要望書が清原市長に提出されました。

このページの先頭へ

花のまち交流会を開催しました

画像:吉谷桂子さん(中央)と記念撮影した写真

吉谷桂子さん(中央)と記念撮影

平成29年6月17日(土曜日)に、三鷹市公会堂さんさん館多目的会議室で「ガーデニングフェスタ2017」プレイベントとして今年で10回目を迎える「花のまち交流会」を開催しました。 今年は、英国園芸研究家の吉谷 桂子(よしや けいこ)さんをお招きして、イングリッシュガーデンの最新事情などについてのお話をしていただきました。 当日は約130名の参加者にご来場いただき、大盛況の交流会となりました。

このページの先頭へ

三鷹市政功労者表彰式を執り行いました(6月15日)

画像:表彰後の記念撮影の様子

表彰後の記念撮影の様子

平成29年6月15日(木曜日)、市政に顕著な功労のあったかたがたを「市政功労者」として表彰するため、「三鷹市政功労者表彰式」を執り行いました。

このページの先頭へ

第33回太宰治賞贈呈式が行われました

画像:ご挨拶される受賞者のサクラ・ヒロさん

ご挨拶される受賞者のサクラ・ヒロさん

平成29年6月13日、三鷹市と株式会社筑摩書房が共催する第33回太宰治賞の贈呈式を、如水会館 (千代田区)で開催しました。 会場では集まった多くの出版関係者や報道陣を前に、受賞作「タンゴ・イン・ザ・ダーク」の作者 サクラ・ヒロ(さくら・ひろ)さんに清原慶子三鷹市長から正賞(記念品)と副賞(100万円)が贈呈されました。

このページの先頭へ

シンクロの北村優衣選手が表敬訪問

画像:関係者との集合写真

関係者との集合写真

シンクロナイズドスイミング国際大会スイスオープン2017に出場する三鷹市民の北村優衣(きたむら・ゆい)選手が、同大会への出場報告のため三鷹市を表敬訪問されました。 清原市長からは、「東京2020オリンピック・パラリンピックまであと3年。三鷹市として、長く北村選手を応援していきます。」と激励の言葉が送られました。

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版