ここから本文です

【報道発表】天文・科学情報スペースで福島の復興を願う写真展と講演会を開催

※終了した事業やイベントなどが含まれている場合がありますのでご注意ください。

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2017年3月8日 最終更新日:2017年3月9日

2017年3月8日 発表

新企画「ふくしま」の復興を願う写真展と講演会

平成27年9月に三鷹市と国立天文台、NPO法人三鷹ネットワーク大学推進機構、株式会社まちづくり三鷹の四者で共同設置した「天文・科学情報スペース」では、昨年度に引き続き、福島県の復興を願い、福島県内で撮られた星や月の輝く夜空と地上の夜の景色の融合した風景や、月明かりに照らされた幻想的な夜の風景を捉えた写真作品の展示を行います。今年度は、福島県郡山市ふれあい科学館で実施された「ふくしま星・月の風景 フォトコンテスト」の第1回~第4回の入賞作品(計14点)を展示します。

また、国立天文台の渡部潤一副台長が同コンテストの審査員を務めていることから、写真展の期間中に、ふれあい科学館天文担当学芸員である安藤享平氏との講演会も企画しています。展示されている写真を紹介しながら福島県各地の様子や震災前後の変化などについて語ります。

『ふくしま星・月の風景写真展in三鷹』

期間

平成29年3月3日(金曜日)~4月23日(日曜日)
午前10時~午後6時30分(月曜日・火曜日、祝日は定休日)

会場

天文・科学情報スペース(下連雀三丁目28番20号 三鷹中央ビル1階)
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)

展示内容

「ふくしま星・月の風景 フォトコンテスト」の入賞作14点

講演会『ふくしまの星・月の風景を語る』

日時

平成29年3月19日(日曜日)午後3時30分~5時

会場

天文・科学情報スペース(下連雀三丁目28番20号 三鷹中央ビル1階)
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)

出演

渡部 潤一氏
国立天文台副台長、ふくしま星・月の風景フォトコンテスト審査員
安藤 享平氏
福島県郡山市ふれあい科学館天文担当学芸員

定員

30人(メール、電話にて事前申し込み制・先着制)

対象

小学校高学年以上を対象としたお話の予定です。

申込

3月3日(金曜日)午前10時より、天文・科学情報スペース(電子メール)tenmon@mitaka.ne.jpまたは(電話)0422-26-9951へ。

問い合わせ先

企画部企画経営課 電話0422-45-1151(内線2110)

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

秘書広報課広報係のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る