ここから本文です

【報道発表】亜細亜大学と包括的な連携協定を締結します

※終了した事業やイベントなどが含まれている場合がありますのでご注意ください。

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2017年11月27日 最終更新日:2017年11月27日

2017年11月27日 発表

教育・まちづくりなどに関する包括的な連携協定を締結します

三鷹市と亜細亜大学(武蔵野市境五丁目24番10号)は、教育、生涯学習、人財育成、まちづくり、国際交流及び文化・スポーツの振興発展など、さまざまな分野において包括的に連携し協力するため、このたび新たに協定を締結します。
亜細亜大学は、三鷹市と隣接する武蔵野市に本部を置き、昭和30(1955)年に設置されました。これまで、同大学の教員の皆様には三鷹市の各種審議会・市民会議の委員として、学生の皆様には市の主催事業でのボランティアなどとしてご活躍いただいています。また、平成17(2005)年に開設した三鷹ネットワーク大学の正会員として、開設当初から市民・企業向けの多くの講座を実施していただいています。今後も、本協定に基づき、更なる連携を図ることで、多様な地域課題の解決や活力ある地域社会の創造を推進します。

協定の概要

名称

亜細亜大学と三鷹市との包括的な連携協力に関する協定書

連携協力する事項

  • 教育研究・学校教育・生涯学習に関すること
  • インターンシップやボランティアを含む人財育成に関すること
  • 協働のまちづくりに関すること
  • 国際交流及び文化・スポーツの振興発展に関すること
  • 三鷹ネットワーク大学事業に関すること

協定締結式

日時

平成29年11月28日(火曜日)午前11時30分~正午

会場

三鷹市役所3階 市長公室(東京都三鷹市野崎一丁目1番1号)
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)

主な出席者

  • 三鷹市 清原慶子市長、津端修副市長、内田治副市長、高部明夫教育長
  • 亜細亜大学 栗田充治学長、大島正克副学長、権丈英子副学長

三鷹市と包括的な連携協定等を締結している大学等

  • 「国立天文台と三鷹市の相互協力に関する協定書」(平成21年2月)
  • ルーテル学院大学との「災害時における避難所等施設利用に関する協定書」(平成24年2月)
  • 「杏林大学と三鷹市との包括的な連携に関する協定書」(平成25年9月)
  • 「国際基督教大学と三鷹市との連絡会に関する覚書」(平成27年4月)

亜細亜大学と包括的な連携協定を締結している自治体

武蔵野市、小金井市、東久留米市、日の出町、福島県二本松市

問い合わせ先

企画部 企画経営課 電話:0422-45-1151(内線:2113)

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

秘書広報課広報係のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る