スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

※終了した事業やイベントなどが含まれている場合がありますのでご注意ください。

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2018年4月23日 最終更新日:2018年4月23日

2018年4月23日 発表

画像:寄贈いただいた書籍や資料、油彩などの展示コーナーの写真(拡大画像へのリンク)

「みたか平和資料コーナー」の様子

(画像クリックで拡大 45KB)

戦争の記憶と平和への願いを次世代が受け継ぐために

 三鷹市では、戦争の記憶を風化させることなく次世代に継承するとともに、市民の皆様とご一緒に平和の尊さを学んでいくことを目的に、平成27年度に「戦後70年」を記念して三鷹市ホームページ上に特設サイト「みたかデジタル平和資料館」を開設いたしました。
 このたび4月23日(月曜日)から、新たに寄贈いただいた戦争関連資料を中心に直接ご覧いただける場所として「みたか平和資料コーナー」を設置しました。展示資料には、太平洋戦争時、日米が死闘を繰り広げた「ガダルカナル島」から生還された故小尾 靖夫(おび・やすお)氏(1921〜2007、1951年から三鷹市在住)が当時、日記に書き記した「人間の限界」が掲載された書籍や戦後、小尾氏が米国に招かれて行われたガダルカナル島の最前線で戦った米国164歩兵連隊と日本歩兵124連隊との歴史的な和解として注目された「再会式」に関する資料やその際、米国から贈られた「平和のパイプ」など貴重な品々があります。

みたか平和資料コーナー概要

場所

三鷹市役所本庁舎3階 企画部 企画経営課 平和・女性・国際化推進係 前

開設

月曜日〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(市役所の閉庁日を除く)

閲覧

開設中は、自由に閲覧いただけますが、取材や詳しい説明等を要する場合は、事前にお問い合わせください。

展示内容

ガダルカナル島での戦闘から生還した故小尾 靖夫氏に関する書籍、資料約20点
故小尾靖夫氏ご家族から寄贈いただいたときの記事
シベリア抑留から帰還した市内在住 長谷 緑也(ながたに・ろくや)さんの油彩2点
みたかデジタル平和資料館掲載ページ
三鷹に投下された長さ約50cm、直径約7.5cmの焼夷弾他約10点
みたかデジタル平和資料館掲載ページ

問い合わせ先

企画部 企画経営課 電話:0422-45-1151(内線2116)

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134)  ファクス:0422-76-2490

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

秘書広報課広報係のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版