スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2018年7月3日 最終更新日:2018年7月3日

2018年7月3日 発表

画像:くるり棒を使って小麦の脱穀をする小学生の様子(拡大画像へのリンク)

昨年の様子

(画像クリックで拡大 62KB)

棒打ちによる小麦の脱穀と、民謡「麦打ち歌(ぼうち歌)」の復活

7月10日(火曜日)午後3時から三鷹市立第一小学校で、小学生が「麦打ち」を行います。

この「麦打ち」は昨年初めて行われ、収穫した小麦は市内の事業者の協力により、三鷹産の小麦を使ったパンが販売されるなど、都市農業の振興はもとより、子どもたちの食育、地域伝統文化の伝承、商業・観光振興など、地域一体となった取り組みが期待されます。

今回の小麦は昨年11月に三鷹市新川にある約3,000平方メートルの農地に種をまき、今年2月に第一小学校5年生約100人による「麦踏み」を行いました。その後、順調に育ち、6月に刈り取りました。

このたび、第一小学校校庭で三鷹市民謡連合会の皆さんによる民謡「麦打ち歌」の歌声にのせながら、生徒たちが、小麦の脱穀作業を昔ながらの「棒打ち」という方法で行います。

棒打ち
竹などの柄に1回転する打撃部が付いた「くるり棒」と呼ばれる農具を使って、小麦や大麦の穂をたたいてとる脱穀作業のことです。

概要

日時

平成30年7月10日(火曜日)午後3時〜4時

場所

東三鷹学園三鷹市立第一小学校校庭(新川六丁目4番32号)
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)

内容

  1. 小麦の棒打ち実演
    「くるり棒」を使い小麦の穂を叩く作業
  2. 民謡「麦打ち歌(ぼうち歌)」の復活
    小麦の脱穀作業にあわせ歌われる民謡

 当日は、取材・撮影が可能です。お越しいただける場合は、お手数ですが事前に下記問い合わせ先までご連絡ください。

主催

三鷹市都市農業市民交流協議会

「三鷹市都市農業市民交流協議会」
都市農業への市民の理解を深めることを目的に、三鷹市、三鷹市農業委員会、東京むさし農業協同組合三鷹支店、株式会社まちづくり三鷹、株式会社三鷹ファームが構成団体となり平成24年5月に設立しました。毎年11月、市民向けに「三鷹野菜の収穫体験とあつあつイモ煮会」等の事業を開催しています。

問い合わせ先(事業の詳細について)

株式会社三鷹ファーム(株式会社まちづくり三鷹内)

  • 電話 0422-40-9669
  • ファクス 0422-40-9750
  • 電子メール info@mitakafarm.mall.mitaka.ne.jp

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134)  ファクス:0422-76-2490

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

秘書広報課広報係のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版