ここから本文です

【報道発表】アメリカ合衆国が実施した核実験に対して、抗議及び要請文を送付

※終了した事業やイベントなどが含まれている場合がありますのでご注意ください。

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2018年10月12日 最終更新日:2018年10月15日

2018年10月12日 発表

アメリカ合衆国が実施した核実験に対して、
10月12日付で市長及び議長の連名の抗議及び要請文を送りました

アメリカ合衆国が昨年12月13日に臨界前核実験を実施したとの報道を受けて、非核宣言都市である三鷹市は、10月12日付で、三鷹市長及び三鷹市議会議長の連名で、厳重に抗議するとともに、今後の実験の即時中止を要請する文書を、アメリカ合衆国 ドナルド・トランプ大統領宛てに送付しました。

昨年7月に国連で核兵器禁止条約が採択され、核兵器廃絶へ向けた国際社会の気運が高まる中での核実験は、平和を願う国際社会の意思を踏みにじるものであり、断じて容認できるものではありません。

世界連邦都市宣言及び非核都市宣言を行い、平和施策の推進に関する条例を制定している三鷹市として、同国が実施した核実験に強く抗議し、今後の核実験の即時中止と核兵器の廃絶に向けた主導的役割を果たすよう、強く要請しました。

※10月12日付で送付した抗議及び要請文の内容は、別紙をご参照ください。

問い合わせ先
企画部 企画経営課 電話:0422-45-1151(内線:2116)

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

秘書広報課広報係のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る