ここから本文です

【報道発表】12月2日開催 講演会「三鷹の家と山本有三」

※終了した事業やイベントなどが含まれている場合がありますのでご注意ください。

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2018年10月31日 最終更新日:2018年10月31日

2018年10月31日 発表

山本有三記念館で開催中の企画展「三鷹と有三―ステンドグラスの洋館から」をより楽しめる講演会です

三鷹市山本有三記念館は、作家・山本有三が昭和11(1936)年から昭和21(1946)年まで家族とともに住んだ家で、レンガ造りの美しい外観に、煙突や暖炉、ステンドグラスをあしらった階段などが特徴的な、大正ロマンを今に伝える本格的な洋風建築です。
現在、三鷹市山本有三記念館では、企画展「三鷹と有三―ステンドグラスの洋館から」を開催していますが、本企画展に関連して、12月2日(日曜日)に「いえとまち」のデザインを専門にご研究されている友田博通氏を講師にお招きし、山本有三記念館の間取りからうかがえる生活の様子について、当時の住宅事情を交えながらご講演いただきます。

講演会「三鷹の家と山本有三」概要

日時

12月2日(日曜日)午後2時~午後3時30分(1時30分から受付)

会場

三鷹産業プラザ7階701会議室(三鷹市下連雀三丁目38番4号)
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)

講師

昭和女子大学教授の友田博通さん

定員

60人

参加費

無料

申込方法

往復はがきに下記の内容をご記入ください。

  • 参加者氏名(2名まで)
  • 代表者の住所・電話番号
  • 何を見て応募したか
  • 返信用はがきの返信先
宛先

三鷹市山本有三記念館「〒181-0013 三鷹市下連雀二丁目12番27号 山本有三記念館 関連講演会係」まで。
お1人様1応募限り。先着順で、定員に達し次第終了します。応募状況は山本有三記念館までお問い合わせください。

問い合わせ

三鷹市山本有三記念館
電話:0422-42-6233

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

秘書広報課広報係のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る