ここから本文です

【報道発表】認知症啓発イベント「認知症にやさしいまち三鷹」を開催

※終了した事業やイベントなどが含まれている場合がありますのでご注意ください。

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2018年11月9日 最終更新日:2018年11月9日

2018年11月9日 発表

住み慣れたまちで暮らし続けるために

三鷹市では、高齢者のかたが認知症になっても、住み慣れた地域でいつまでも安心して暮らしていけるよう、「認知症にやさしいまち三鷹」の取り組みを進めています。

今回、その啓発イベントとして、「第7回認知症にやさしいまち三鷹」を開催します。イベントでは講演会のほか、「認知症ガイドブック」の配布や、認知症のかたや家族を温かく見守る地域での取り組みなどをご紹介します

「第7回認知症にやさしいまち三鷹―住み慣れたまちで暮らし続けるために」

開催日

平成30年11月17日(土曜日)
午後1時~4時30分

会場

三鷹市市民協働センター(三鷹市下連雀四丁目17番23号)
周辺の地図情報(三鷹市わがまちマップ)(外部リンク)

参加方法

申し込み不要、直接会場へ(先着130人。参加費無料)

プログラム

認知症にやさしいまち三鷹(午後2時~4時)

東京都認知症疾患医療センターの紹介(手話通訳あり)
講師:杏林大学医学部付属病院もの忘れセンター長の神崎恒一氏
講演会「認知症になる前に知っておくと得すること」
講師:東京慈恵会医科大学教授で、のぞみメモリークリニック非常勤医師の繁田雅弘氏

展示と体験・無料相談コーナー(午後1時~4時30分)

  • 認知症への取り組みや地域活動の展示による紹介
  • 成年後見制度についての無料相談
  • タブレット端末を利用した認知症予防の体験 など

問い合わせ

三鷹市健康福祉部高齢者支援課
電話番号:0422-45-1151(内線:2622)

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134) 
ファクス:0422-76-2490

秘書広報課広報係のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る