スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:総務部 相談・情報課

公開日:2015年8月7日 最終更新日:2015年8月7日

案件の概要

三鷹市では、みなさんのプライバシーを保護するため、個人情報の取り扱いに関する基本的事項や市が保管等する自己に係る個人情報の開示請求等の権利を保障するために三鷹市個人情報保護条例(以下「個人情報保護条例」という。)を定めています。この度、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下「マイナンバー法」という。)が制定され、マイナンバー(住民票を有する全ての国民に付番される12桁の番号)を含む個人情報が新たに「特定個人情報」とされるとともに、その取り扱いについても定められました。「特定個人情報」と現行の「個人情報保護条例」における「個人情報」は、類似した用語でありながら、その取り扱いに異なる点があり、三鷹市においては、特定個人情報の取り扱い関する条例(「三鷹市特定個人情報保護条例」。以下「特定個人情報保護条例」という。)を制定するとともに、「個人情報保護条例」について、マイナンバー法との整合を図るとともに、これまでの運用を踏まえ、一部改正を行います。両条例素案について、パブリックコメントを実施しています。皆さんのご意見をお寄せください。
◆特定個人情報保護条例の概要
一般の個人情報より手厚い保護措置を求めるマイナンバー法の趣旨に沿って、「特定個人情報」の適正な取り扱いを規定します(「情報提供等記録(※)」を除く。)。
・目的外利用の制限
生命・身体または財産の保護のために必要があり、本人の同意がある、または同意を得ることが困難な場合の利用に限定します。
・情報提供の制限
マイナンバー法で定めた業務に限定し、新たに国が設置する「情報提供ネットーワークシステム」や、市が条例で定めた市の機関間での提供などを行います。
・自己情報の開示・訂正・削除・利用中止の請求
開示などの請求は、本人とその法定代理人のほか、本人の委任による任意代理人にも認めます。また、削除、利用中止の請求理由に、マイナンバー法に違反した不適正な取り扱いや提供があった場合も含めます。
※「情報提供等記録」とは、情報提供ネットワークシステムを通じて特定個人情報を照会・提供した記録のことで、情報照会者・情報提供者・特定個人情報の項目などが同システムに自動的に保存されます。これらについては、目的外利用及び提供の規定に違反した事態が想定されないことなどから、削除・利用中止の請求は認めていません。
◆「個人情報保護条例」の主な改正内容
・「個人情報」の定義に、事業を営む個人の事業情報を含めます。
・自己情報の開示・訂正・削除・利用中止の請求は、特定個人情報保護条例と同様に、本人の委任による任意代理人も認めます。ただし、なりすまし対策として、本人に委任事実の確認を取るなど慎重な運用を行います。また、本人と代理人との利益が背反する場合を想定し、開示が本人の利益に反する場合は非開示にできる規定を追加します。

パブリックコメントの状態

受付終了

政策等の決定予定時期

平成27年10月5日

提出意見の状況

ご意見の提出はありませんでした。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

総務部 相談・情報課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2215)  ファクス:0422-48-2810

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

相談・情報課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版