ここから本文です

高齢任意加入の制度について

作成・発信部署:市民部 市民課

公開日:2019年1月1日 最終更新日:2019年1月10日

対象となるかた

 国民年金は、20歳から60歳の誕生日の前日までが強制加入となっていますが、60歳から65歳未満のかたが加入できる高齢任意加入の制度があります。
 この制度は、年金を受け取るのに必要な受給資格期間が足りないかたや、年金の受給額を増やしたいかたが対象となります(ただし、老齢基礎年金の繰上げ支給を受けているかたは加入できません)。
 高齢任意加入は申込みをした日から加入することができ、やめたいときに辞退の手続きができます。また、65歳の時点で受給資格期間が満たないかたは、70歳になるまでの間、資格期間を満たすまでさらに加入できます。この場合、期間計算が必要となりますので、事前にお問い合わせください。

補足事項
年金を受け取るのに必要な受給資格期間はこれまで25年でしたが、平成29年8月1日より10年に短縮されました。

手続き先

年金手帳・預金通帳・通帳届出印を持参のうえ、市民課年金担当(市役所本庁舎1階3番窓口)へ
※市政窓口では手続きができません。

問い合わせ先

市民課

年金担当
電話 0422-45-1151 (内線2394・2395)

武蔵野年金事務所

電話 0422-56-1411

このページの作成・発信部署

市民部 市民課 庶務・年金係年金担当
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2394、2395) 
ファクス:0422-45-1298

市民課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る