スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:市民部 市民課

公開日:2017年8月1日 最終更新日:2017年8月1日

支給の対象となるかた

 亡くなられた月の前月までの国民年金の第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)としての保険料納付済期間(一部免除承認期間を含む)が36月分以上あったかたが、老齢基礎年金または障害基礎年金のいずれも受けられないまま亡くなられた場合、生計を共にされていた遺族(1.配偶者、2.子、3.父母、4.孫、5.祖父母、6.兄弟姉妹の順で、優先順位が高いかた)に支給されます。

 ただし、そのかたが亡くなられたことで、遺族基礎年金を受けられるかたがいる場合は、死亡一時金を受けられません。
 また、寡婦年金を受ける資格のあるかたは、死亡一時金とどちらか一方の選択となります。

支給される金額

保険料納付済期間が
  • 36月以上180月未満の場合 120,000円
  • 180月以上240月未満の場合 145,000円
  • 240月以上300月未満の場合 170,000円
  • 300月以上360月未満の場合 220,000円
  • 360月以上420月未満の場合 270,000円
  • 420月以上の場合 320,000円

補足事項

 付加保険料の納付済期間が36月以上ある場合には、さらに8,500円が加算されます。

必要書類

  1. 亡くなられたかたの年金手帳
  2. 請求者の印鑑
  3. 請求者の預金通帳等、口座名義・番号を確認できるもの
  4. 戸籍謄本(死亡の事実・請求者との関係についての記載があるもの
  5. 亡くなられたかたの除票(=消除された住民票)
  6. 世帯全員の住民票

注意事項

  • 場合により、ほかの書類が必要となることがあります。
  • 死亡一時金を受ける権利の時効は、死亡日の翌日から2年です。

手続き先

市民課年金担当(市役所本庁舎1階3番窓口)

補足事項
  • 年金事務所でもお手続きいただけます。
  • 厚生年金や共済年金の加入期間のあるかたが亡くなられたとき、死亡一時金のほかに遺族厚生年金や遺族共済年金の支給が受けられる場合があります。詳しくは武蔵野年金事務所または加入されていた共済組合にお問い合わせください。

問い合わせ先

市民課

年金担当
電話 0422-45-1151 (内線2394・2395)

武蔵野年金事務所

電話 0422-56-1411

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

市民部 市民課 庶務・年金係年金担当
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2394、2395)  ファクス:0422-45-1298

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

市民課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版