スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:生活環境部 環境政策課

公開日:2006年8月26日 最終更新日:2009年2月23日

動物の正しい飼い方

 飼主が正しい飼い方を知らないと、動物の健康を害するだけでなく、人に迷惑や危害を及ぼす原因にもなります。
 飼い主は、命あるものである動物を飼育するうえで、その習性や生理を理解し、愛情をもって終生飼養する責任があります。

飼い主のマナー

 犬や猫がふん尿をした場合の後始末は、飼い主の責任です。外でむやみにふん尿をしないように、トイレのしつけや排泄場所の手入れなどを行う必要があります。
 犬や猫が好きなかたもいれば、苦手なかたもいますので、飼い主はマナーを守って適切な飼育を心掛けましょう。
 また、犬を飼う場合には、市区町村への登録と一年に一回の注射(狂犬病予防注射)が義務付けられています。

ワンちゃんにはしつけを

 犬を飼う場合にはきちんとしつけましょう。
 しつけは、人間と犬が同じ社会の中で、ともに暮らしていくために不可欠なものとなっています。
 「飼い主の制止に従う」「むだ吠えをしない」、「人や他の動物を攻撃しない」などは、最低限覚えさせたいものです。
 「スワレ」や「マテ」などは根気よく教え、できたらほめてやりましょう。

ネコの飼育は屋内で

 現在の交通事情や住宅事情を考えると、都会で猫を飼う場合には、屋内で飼育することが望ましいといえます。
 猫は、登り降りなどの上下運動ができれば、家の中でも十分運動になり、事故等に遭うこともなく安心して飼うことが出来ます。

避妊・去勢手術

 「手術はかわいそう」と迷っているかたがいますが、手術は1度で済み、しかも確実です。もらい手のつかない不幸な命を生み出さないためにも、ぜひ受けさせましょう。
 避妊・去勢手術をすると性質がおとなしくなり、扱いやすくなるなどのメリットもあります。
 なお、猫を屋外で飼育する場合には、原則として不妊手術などの繁殖制限の措置を講じる必要があります。

身元の表示

 迷子になり飼い主のもとに戻ることができない動物は少なくありません。飼い主の責任の所在を明らかにし、迷子になった動物の発見を容易にするためにも、犬には鑑札を着け、猫やその他の動物には名札・マイクロチップ等をつけましょう。
 今後予想されている、大規模災害発生の際にも役立ちます。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

生活環境部 環境政策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2523〜2525) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

環境政策課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版