ここから本文です

介護申請・40~64歳で該当する16特定疾病

作成・発信部署:健康福祉部 高齢者支援課

公開日:2007年9月3日 最終更新日:2010年6月11日

下記の16種類以外は介護保険の対象にはなりませんのでご注意ください

 40歳から64歳まで(2号被保険者)のかたが介護保険サービスを利用できるのは、老化に起因して発症した下記1~16までの「特定疾病」が原因となって、介護が必要であると認定された場合に限ります。

 特定疾病以外の原因で介護が必要になった場合は、介護保険の対象にはなりませんので、ご注意ください。

特定疾病の種類

  1. 末期がん(医師が、一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがない状態に至ったと判断したもの)
  2. 筋萎縮性側索硬化症
  3. 後縦靭帯骨化症
  4. 骨折を伴う骨粗しょう症
  5. 多系統萎縮症
  6. 初老期における認知症
  7. 脊髄小脳変性症
  8. 脊柱管狭窄症
  9. 早老症
  10. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  11. 脳血管疾患(外傷性を除く)
  12. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
  13. 閉塞性動脈硬化症
  14. 関節リウマチ
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

注意事項

  1. 65歳未満のかたが介護認定の申請をする場合は、申請書おもて面の「特定疾病名」の欄に、上記1~16までの特定疾病の名称と、加入している医療保険の名称及び資格取得(または認定)年月日を必ずお書きください。
    なお、主治医意見書で特定疾病に該当することが確認できない場合は、認定申請は却下されますので、ご注意ください。
  2. 要介護認定申請の届出へ。

このページの作成・発信部署

健康福祉部 高齢者支援課 介護認定係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2682、2683) 
ファクス:0422-48-2813

高齢者支援課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る