ここから本文です

予防接種の接種間隔

作成・発信部署:健康福祉部 健康推進課

公開日:2016年10月1日 最終更新日:2016年10月1日

予防接種を複数回行う場合に、接種間隔を一定期間あける必要があります

 理由としては、

  • 予防接種による副反応が出るかもしれない期間を、余裕を持って避けた方がよいため
  • ワクチンのウイルスどうしの干渉などによって、ワクチン効果が上がらない恐れがあるため

 …などがあります。

種類の違う予防接種の間隔

生ワクチン
BCG、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、水痘、おたふくかぜ、ロタウイルス
⇒接種の翌日から数えて27日以上(4週間)あける。
生ワクチン→不活化ワクチン・トキソイドは27日以上あける。
生ワクチン→生ワクチンは27日以上あける。
不活化ワクチン・トキソイド
ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、不活化ポリオ、三種混合、日本脳炎、二種混合、B型肝炎、インフルエンザ
⇒接種の翌日から数えて6日以上(1週間)あける。
不活化ワクチン・トキソイド→生ワクチンは6日以上あける。
不活化ワクチン・トキソイド→不活化ワクチン・トキソイドは6日以上あける。
注意事項
  • 6日以上あけるとは、次の週の同じ曜日に接種が可能です。(接種間隔は接種した翌日から数える)
     例)月曜日に接種したら、翌週の月曜日に接種可。
  • 同じ種類の予防接種(ワクチン)を複数回接種する場合は、それぞれのワクチン毎に定められた接種間隔がありますので、ご注意ください。詳しくは下記参照。

複数回接種する予防接種の接種間隔

 複数回接種する予防接種の接種間隔は次のとおりです。

予防接種の接種間隔
名称 接種回数 接種間隔
ヒブ 4回 初回免疫:27日から56日までの間隔をあけて3回
追加免疫:初回免疫終了後7カ月以上あけて1回
小児用肺炎球菌 4回 初回免疫:27日以上の間隔をあけて3回
追加免疫:初回免疫3回目の接種後60日以上あけて、生後12カ月を過ぎてから1回
B型肝炎 3回 27日以上の間隔をあけて2回接種後、第1回目の接種から139日以上あけて1回
四種混合 4回 初回免疫:20日から56日までの間隔をあけて3回
追加免疫:初回免疫終了後、6カ月以上あけて1回
不活化ポリオ 4回 初回免疫:20日から56日までの間隔をあけて3回
追加免疫:初回免疫終了後、6カ月以上あけて1回
三種混合 4回 初回免疫:20日から56日までの間隔をあけて3回
追加免疫:初回免疫終了後、6カ月以上あけて1回
水痘 2回 3カ月以上の間隔をあけて2回
日本脳炎 4回 1期初回:6日から28日までの間隔をあけて2回
1期追加:1期初回終了後、6カ月以上(おおむね1年)あけて1回
2期:1期追加終了後、約4~5年の間隔をあけて1回

このページの作成・発信部署

健康福祉部 健康推進課 保健総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4202~4204) 
ファクス:0422-46-4827

健康推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る