スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 都市計画課

公開日:2008年4月1日 最終更新日:2016年5月10日

費用の一部を助成する制度です

 地震発生時における市民の生命と財産を守るため、既存の木造住宅に対する耐震診断を実施する者に対し、それに要する費用の一部を助成する制度です。

対象となる住宅

 次の1〜3に該当する住宅が対象です。
 1 三鷹市内にある木造住宅(集合住宅は除く)
 2 個人で所有し、現に居住している住宅
 3 新耐震設計基準(昭和56年6月1日施行)前に建築した住宅(在来軸組工法等による住宅)

助成金の額

簡易診断
診断費用の三分の二の額、ただし、上限額 4万円
一般診断以上の診断
診断費用の三分の二の額、ただし、上限額10万円
注意事項
助成の利用は1回限りです。ただし、簡易診断を受けたかたが、その後、一般診断以上の診断を受ける場合は、助成を受けられます。
助成金は、三鷹市から後日指定の口座に振り込まれます。

診断の方法

 都市計画課住宅政策係へお申し込みください。診断は、市が指定する診断機関が行います。
 診断終了後、助成金が受けられます。

『市が指定する診断機関』とは
建築士法により定められた建築士事務所で構成され、三鷹市地域等で活動する団体「一般社団法人・東京都建築士事務所協会南部支部」に登録されている建築士事務所です。
ただし、建築業と兼業の事務所は除きます。

簡易診断

 この耐震診断は、目安を示す簡易な診断方法です。
 診断の内容は、設計図書をはじめ、可能な範囲で外観、基礎、床下と屋根裏、間仕切り、筋かいの施工状況の調査及び建物の老朽化やバランス等を確認し、簡易耐震診断報告書を作成します。その診断結果に基づき、補強や修繕等のアドバイスを行います。

 簡易診断は、目安を示す簡易な診断ですので、建築基準法に基づく耐震改修計画(補強設計)の策定には活用できません。

一般診断以上の診断

 この耐震診断は、設計図書をはじめ、可能な範囲で外観、基礎、床下と屋根裏、間仕切り、床、筋かい、接合部分の施工状況の調査及び各部位の老朽化や建物のバランス等を確認し、耐震診断報告書を作成します。その診断結果に基づき、補強や修繕等のアドバイスを行います。

 一般診断以上の診断は、財団法人・日本建築防災協会による「木造住宅の耐震診断補強方法」に定める一般診断、またはそれと同等以上と認められる診断で、建築基準法に基づく耐震改修計画の策定に活用できます。

申込方法

 都市計画課住宅政策係へ以下の書類(原本)をご提出ください。

  1. 申込み用紙(次の事項の記入が必要です。)
    • 住宅所在地
    • 建築年次
    • 住宅の屋根構造
    • 階数
    • 延べ床面積
    • 設計図書の有無
  2. 世帯全員の住民票(続柄あり)
  3. 納税していることを証明できる書類(前年度の市民税及び固定資産税の納税証明書)
  4. 住宅の建築年次が確認できる書類(固定資産税の納税通知書)
  5. 建築年次が昭和56年の場合のみ、住宅の建築年月日が確認できる書類(登記簿謄本)(下記の注意事項参照)
  6. 住宅を共有している場合(共有者全員の同意書)
  7. その他 委任状など
注意事項
市は本制度について、電話、ポスティング、個別訪問等によるPRは一切行っていません。また、特定の業者に委託することもありません。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 都市計画課 住宅政策係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2812、2813)  ファクス:0422-46-4745

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

都市計画課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版