ここから本文です

三鷹市環境センターのメインページ

作成・発信部署:生活環境部 ごみ対策課

公開日:2014年2月1日 最終更新日:2016年5月23日

画像:写真:三鷹市環境センター(拡大画像へのリンク)

三鷹市環境センター

(画像クリックで拡大 46KB)

三鷹市環境センターは平成25年3月30日をもちまして、閉鎖致しました。

三鷹市環境センター

三鷹市環境センターは、三鷹市内から発生する燃やせるごみを、安全かつ安定的に処分するための焼却処理施設です。
なお、新ごみ処理施設の試験運転開始にともない、三鷹市環境センターは平成24年11月30日に燃やせるごみの受け入れを、平成24年12月16日に焼却業務を終了しました。

三鷹市環境センターの関連情報

安全・安心に関する情報

三鷹市環境センターの環境への対策や、ダイオキシンなどの排出基準に関してはこちらをご覧ください。

安全・安心への取り組み(三鷹市環境センター)

現在、三鷹市では放射能の測定を定期的に行っています。
三鷹市環境センターの焼却灰や、敷地内の放射能測定結果は、以下のリンク先で公開されています。

 三鷹市環境センターの焼却灰等の放射性物質測定結果

三鷹市環境センターの維持管理情報は以下のリンク先をご覧ください。
 三鷹市環境センターの維持管理情報

三鷹市環境センターからのお知らせ

三鷹市環境センターからの新しい情報は、以下のリンク先にてお知らせします。

 三鷹市環境センターからのお知らせ

三鷹市環境センターの概略

所在地
東京都三鷹市新川一丁目6番1号
敷地面積
17,935平方メートル
竣工
昭和59年12月
処理能力
一日あたり195トン(一日あたり65トンの処理能力を持つ炉が3基)

三鷹市環境センターでの取り組み

ISO14001(International Organization for Standardization)

三鷹市環境センターは平成17年2月からISO14001の認証を受けていました。
平成25年2月にて有効期限の満了となりました。

省エネルギー活動

三鷹市環境センターでは、平成17年から平成20年度まで、ESCO事業による省エネルギー活動を行いました。この事業によって、設備の改造や運転方法を変更した結果、使用電力量や二酸化炭素排出量を、従来より15%以上削減することに成功しました。ESCO事業は20年度で終了しましたが、三鷹市環境センターではこれまでの省エネルギー対策を閉炉まで継続してきました。

その他の取り組み

環境報告書の作成

前年度までの三鷹市環境センターの情報をまとめた報告書を作成しています。

 環境報告書2013

焼却灰、金属の資材化

三鷹市は平成14年度から、焼却灰の一部を人工骨材として資材化するために、民間業者に委託しています。また、平成18年度には、三鷹市が搬出している最終処分場にて、焼却灰のエコセメント化が始まりました。これらのことによって、平成19年度から三鷹市環境センターで発生する焼却灰の全量がリサイクルされていました。

余熱の利用

三鷹市環境センターでごみの焼却によって発生する熱は、場内の冷暖房や給湯、また隣接する中学校の温水プールに有効利用してきました。

場内緑化

三鷹市環境センターの敷地内には、近隣住民や環境への配慮のため、多くの樹木が植えられています。樹木の剪定や管理などを定期的に委託し、場内の緑化に努めています。

このページの作成・発信部署

生活環境部 ごみ対策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2533~2536) 
ファクス:0422-47-5196

ごみ対策課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る