ここから本文です

三鷹市自治基本条例による住民投票実施請求

作成・発信部署:総務部 政策法務課

公開日:2018年9月16日 最終更新日:2018年9月16日

 平成18年4月に「三鷹市自治基本条例」が施行され、住民投票実施請求代表者は、市の権限に属する市政の重要事項に関し、住民投票実施請求資格者(三鷹市の住民基本台帳に登録されてから3カ月以上経過した18歳以上の方など)の総数の50分の1以上の連署により、住民投票の実施に関する条例案を添えて、市長に対して住民投票の実施請求ができることとなりました(住民投票実施請求の流れ参照)。

 市では、住民投票実施請求の手続等について定めるため、「三鷹市住民投票の実施の請求に関する規則」を制定し、その中で、毎年9月1日現在の住民投票実施請求資格者の50分の1の数をお知らせすることとしています。
 平成30年9月1日時点での住民投票実施請求資格者数は154,789人、その50分の1の数は3,096人です(住民投票実施請求がある場合は、別に住民投票実施請求資格者名簿を作成します。)。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

総務部 政策法務課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2216、2217) 
ファクス:0422-48-1419 

政策法務課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る