スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:健康福祉部 障がい者支援課

公開日:2011年3月7日 最終更新日:2014年6月27日

在宅障がい児・者のための福祉拠点施設です

通園通所事業、相談訓練事業、地域連携事業の3事業を柱に運営しています。

施設概要

開館日

昭和58年2月18日

施設規模

構造
鉄筋コンクリート、地上3階、地下1階
(各部屋、保健室、療育室、体育室、会議室、図書室、園庭等)
面積
建物面積1,005.25平方メートル、延床面積2,361.18平方メートル
(延床面積内訳)1階1,005.25平方メートル、2階779.9平方メートル、3階237.9平方メートル、地下1階237.9平方メートル

通園通所事業

児童福祉法に基づく児童発達支援(くるみ幼児園)

障がい児に対し、個別支援計画に基づき、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練等を実施しています。また、個別・集団での専門療育を行うとともに、くるみ幼児園利用児のきょうだい自身にスポットをあてた、きょうだい支援も実施しています。

  1. 対象者
    三鷹市民(2歳〜就学前)
  2. 定員
    26名(※但し、32名まで弾力的に運用)
  3. 実施時間
    午前9時30分〜午後2時

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく生活介護(けやきのもり)

常時介護を要する障がい者の食事等の介護、日常生活上の支援、創作的活動等の機会の提供、その他、身体能力、日常生活能力の維持・向上を目的として、必要な介護等を行っています。

  1. 対象者
    三鷹市民(18歳〜64歳、障害支援区分3〜6、但し50歳以上は障害支援区分2〜6)
  2. 定員
    32名
  3. 実施時間
    午前9時30分〜午後3時30分

相談訓練事業(0歳〜就学前、18歳〜64歳の通所者)

心身障がい児・者に対して、各種相談訓練を実施しています。
特に、障がい児の社会的な自立と自活を促進するための相談、療育、訓練では、早期発見・早期療育を基本とし、発達の遅れや特性をもつ乳幼児に対して必要な療育を行い、また、その家族・関係機関の支援を実施しています。

主な相談事業

医療相談、歯科相談、栄養・摂食相談、福祉・療育相談、発達相談、就園・就学相談など

療育支援

個別療育
言語療法、心理療法、理学療法、作業療法、学齢児機能訓練を実施しています。
グループ療育
  1. 親子ルーム(概ね1歳児の子どもと保護者が対象、月2回)
  2. 親子グループ(年齢や発達に合わせたグループ、週1回)
  3. わいわいグループ(幼稚園、保育園に通う幼児が対象)
  4. 専門療法によるグループ

家族支援

家族支援
  1. つくしんぼの会(保護者を対象にしたグループ)
  2. ひだまりの会(つくしんぼの会から発展した、ダウン症児の保護者の会)
  3. ここなっつの会(きょうだい支援の会)
  4. ママサロン(北野ハピネスセンターの外来を利用している保護者同士の仲間づくりのサロン)
一時保育
原則1歳から就学前までの児童で、市内の一時保育利用が発育発達上難しく、医療的ケアが必要でなく、健康状態も安定している子どもを対象に、くるみ幼児園の実施日に保育を実施しています。

地域支援

公私立幼稚園・保育園への巡回発達相談
専門療法士を含む北野ハピネスセンターの早期療育チームが、障がい児や発育・発達に遅れがあると疑われる乳幼児のいる市内の公私立の幼稚園や保育園等からの要請に応じて、幼稚園等を巡回し、子どもの遊びや人との関わりの様子などから、発育や発達の評価を行い、園のスタッフに対して集団保育上の配慮点等についての個別指導や助言を実施しています。
講座・研修
  1. 地域支援セミナー(市民、幼稚園・保育園のスタッフが対象)
  2. 公開療育(北野ハピネスセンターくるみ幼児園の療育の公開)

地域連携事業

障がい児・者の安心、安全な地域生活を促進するために、地域住民・関係機関等との連携のもと、交流、啓発を目的とした各種講座、研修、催事等を実施しています。

北野ハピネスセンターの機能を支える各会議

  1. 運営連絡会
    北野ハピネスセンターの円滑な運営を図るための協力及び助言並びにセンターが実施する各種事業に関する必要な助言を行うとともにセンターの運営に関して必要な検討を行っています。
  2. 療育訓練支援会議
    北野ハピネスセンターが実施する心身障がい者・児への通園通所事業の利用の適否判定及び通園通所事業を利用する障がい者の療育訓練の支援に関する審議を行うとともに、市内に在住する障がい者の現況に関する調査を行っています。

地域住民、関係機関・団体との交流・連携

北野ハピネスセンターと地域や関係団体との交流を図るための事業を行っています。

  1. 地域交流事業(夏の館まつり、クリスマスコンサート等)
  2. 市民向け公開講座

計画相談支援事業

三鷹市の指定を受け、障害福祉サービスを要する障がい児・者の支援利用計画を作成しています。

成人機能訓練事業

身体障がい者等を対象に、理学療法を実施しています。

このページの先頭へ

施設の利用について

体育室、会議室を市民及び団体に貸出しています。
各施設は、北野ハピネスセンター事業及び障がい者福祉関係団体の利用が優先です。

  1. 貸出施設
    体育室(1階)
    会議室(2階、3階)
  2. 貸出時間
    月曜日〜金曜日は、午後5時30分〜午後9時
    土曜日は、午前9時〜午後5時

団体登録

  1. 継続的に施設を使用する場合は、団体規約、会員名簿等を提出のうえ、団体登録をしてください。
  2. 団体登録は、5名以上のメンバーで可能です。(代表者は三鷹市民であること)

使用申請

  1. 施設を使用する場合は、事前に使用申請してください。
  2. 団体登録を行っている団体は、使用日の3カ月前から申請できます。ただし、週1回の使用を限度とします。
  3. 登録団体以外の使用は、使用日の1カ月前から申請できます。

使用方法

  1. 施設を使用する際は、必ず事前に「施設使用申請書」を提出してください。
  2. 中学生以下の方は、必ず保護者同伴で使用してください。
  3. 使用後は、施設内の用具の整理整頓と清掃を行ってください。
  4. お帰りの際は、必ず「施設使用確認票」を提出してください。

注意事項

  1. 休館日は、日曜日、祝日(土曜日を除く)及び年末年始です。
  2. 施設使用は、北野ハピネスセンターの事業が優先です。また、団体使用が個人使用より優先です。
  3. 飲食は所定の場所でお願いします。
  4. 貴重品の管理は各自でお願いします。
  5. 自動車での来館はご遠慮ください。
  6. センター内は原則、禁煙です。
  7. 施設使用の変更や中止は、必ず北野ハピネスセンターまでご連絡ください。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

健康福祉部 障がい者支援課 北野ハピネスセンター
〒181-0003 東京都三鷹市北野一丁目9番29号
電話:0422-48-6331  ファクス:0422-43-0304

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

障がい者支援課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版