スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:都市整備部 緑と公園課

公開日:2009年2月16日 最終更新日:2009年3月1日

画像:ウメの写真(拡大画像へのリンク)

ウメ

(画像クリックで拡大 31KB)

 ウメは、花も実も日本人の生活にすっかり溶け込んでいますが、原産国は中国中部で、日本には奈良時代以前に渡来したといわれています。現代ではお花見はサクラ主流のイメージが強いですが、ウメのお花見も、花の色と香りを楽しむ風流なものです。百草園(日野市)などでは、野外でお茶をたてながらお花見が行われます。

 ウメは園芸品種が多く、花の色も白、淡紅、紅、濃紅、斑入りなどがあり、花びらも一重と半八重、八重があります。花ウメは本来の原種の性質を持つ野梅系と紅梅系、豊後系、杏系の4つに分けられ、その中にたくさんの品種があります。さらに実ウメ品種もあります。

 年により、ウメが咲く時期はずいぶん変動があり、早咲きの品種では12月中に咲いてしまうこともあります。「ウメにウグイス」とよく言われますが、実はウメの花にやってくるウグイス色の小鳥は、メジロであることが多いです。甘いもの好きのメジロは花の蜜を舐め、昆虫が動き出す前の寒い季節に花粉媒介の役目も果たします。ウメの花の観賞におすすめの公園は牟礼の里公園、丸池公園、仙川公園などです。

 参考文献

  • 木の歳時記 シリーズ木の文化 朝日新聞社
  • 日本の樹木 山渓カラー名鑑 山と渓谷社
  • 大人の園芸 濱野周泰監修 小学館

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

都市整備部 緑と公園課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2833〜2835) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

緑と公園課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版