ここから本文です

エコミュージカルの開催

作成・発信部署:生活環境部 環境政策課

公開日:2016年6月3日 最終更新日:2019年7月9日

画像:舞台で歌っている(拡大画像へのリンク)

当日のエコミュージカルの様子

(画像クリックで拡大 42KB)

令和元年6月30日(日曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 オーディションで選ばれた市内在住・在学の小学生、メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画
《内容》
エコミュージカル音楽会

「ネバーランドはECOの島Part2~花と緑のエコロジーランド~」

ピーターパンのおはなしに登場する三姉弟はネバーランドにやってきます。しかし、島にいる子どもたちは、フック船長の悪い教えに染まっていて、島の自然を守っていません。ピーターパンと三姉弟たちは、子どもたちやフック船長たちに、自然や環境を大切にする心を伝えようとします。                      

そのとき、突然、島に異変がおきます!はたしてピーターパンたちは、緑あふれる自然豊かなネバーランドを取り戻せるでしょうか。

エコイベント

  • エコ楽器ワークショップ
  • フードドライブ活動に参加しよう!
  • おもちゃの病院

環境展 「減らそう!海ごみ 考えよう!分別」

世界で問題となっているプラスチックごみの実態や海洋生物への影響に関するパネル展示 

当日の様子

当日は705人の親子連れなどで賑わいました。

エコイベントでは、フードドライブ活動に参加したり、環境展「減らそう!海ごみ 考えよう!分別」の展示パネルを見たりすることで、環境問題を学び、普段の生活を見直すきっかけになりました。            

エコミュージカルでは、オーディションで選ばれた市内在住の小学生(30人)が出演し、歌と踊りで環境への想いを伝えました。
途中、来場者が舞台に上がり、エコイベントで作ったエコ楽器を鳴らして、出演者と一緒に演奏しました。出演者と来場者が一体となって、楽しみながら環境について考えることができました。

参加者の感想

・親子で楽しみながら環境を考える良いきっかけになりました。
・エコ楽器を使って一緒に演奏することができ、とても楽しかったです。                 ・地球環境を守るためには世界の人々が協力することが大切だと感じました。

平成30年6月24日(日曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 オーディションで選ばれた市内在住・在学の小学生、メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画
《内容》
エコミュージカル音楽会「ネバーランドはECOの島・花と緑のエコロジーランド」
ピーターパンのおはなしに登場する三姉弟はネバーランドにやってきます。
しかし島にいる子どもたちは、フック船長の悪い教えに染まっていて、平気で島を汚しているのでした。
ピーターパンと三姉弟たちは、子どもたちやフック船長たちに自然や環境を大切にする心を伝え、自然豊かなネバーランドを取り戻そうとします。
ところが島を汚している本当の原因は、海岸に流れ着いたごみだったのです…!

4つのエコイベント

  • エコ楽器ワークショップ
  • 食べきり運動に参加しよう!
  • おもちゃの病院
  • ゴーヤの苗をプレゼント

当日の様子

当日は603人の親子連れなどで賑わいました。
エコミュージカルでは、オーディションで選ばれた市内在住の小学生(43人)が出演し、歌と踊りで環境への想いを伝えました。
途中、来場者が舞台に上がり、エコイベントで作ったエコ楽器を鳴らして、出演者と一緒に演奏しました。出演者と来場者が一体となって、楽しみながら環境について考えることができました。

参加者の感想

・環境について考えるいい機会となりました。次世代を担う子どもたちを中心に、このようなイベントを行うことは有意義なことだと思います。
・観客が一体となって、ミュージカルを楽しめてとても楽しかったです。
・三鷹市の環境に対する心が感じられました。食品ロスをなくし、エコを考える毎日を送ろうと思いました。

平成29年6月25日(日曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 オーディションで選ばれた市内在住の小学生、イマジンミュージカル、調布ミュージカルぷちぷち(協力)
《内容》
エコミュージカルファンタジー「ようかいエコロジーウォーズ」
主人公の「まんぺい」はダンスが大好き。悪い妖怪(ようかい)を退治できるようにゲタをはいておどっています。ある日、いつもダンス教室を楽しみにしている友達・若葉(わかば)がいないことに気がつきました。若葉は「電気をつけっぱなしにしない、ごみはきちんと分別する」などお母さんに小言を言われてばかりで、つい「お母さんなんて大嫌い!」と言ってしまいました。その言葉を聞いて、とつぜんあらわれた妖怪「天邪鬼(あまのじゃく)」がお母さんに取りついてしまったのです。若葉は、お母さんを助けるために、亡くなったおばあちゃんからもらった大切な貯金箱(ちょきんばこ)を持ってまんぺいのもとへ向かいます。まんぺいや仲間たちは、天邪鬼を改心させるために立ち向かいますが、果たしてお母さんを助けることはできるのでしょうか?また、貯金箱にはどのような力があるのでしょうか?物を大切にする「エコな心」が、みんなのことを守ってくれるかもしれません…!

4つのエコイベント

  • エコ楽器ワークショップ
  • エコ・クッキングクイズ
  • おもちゃの病院
  • ゴーヤの苗をプレゼント

当日の様子

当日は659人の親子連れなどで賑わいました。
エコミュージカルでは、オーディションで選ばれた市内在住の小学生(47人)が出演し、歌と踊りでエコに対する想いを伝えました。
来場者は、エコイベントで作成したペットボトルマラカスを出演者とともに演奏するなど、楽しみながら環境について考えることができました。

平成28年6月26日(日曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 オーディションで選ばれた市内在住の小学生、イマジンミュージカル

《内容》
エコミュージカルファンタジー「エコ??の国のありす」
「ありす」は読書好きの女の子。大好きな『不思議の国のアリス』を読んでいるとウサギが現れ、不思議の国の冒険が始まります。しかし、そこは食べものを大切にしないで喜んでいる変な国。「ありす」は「エコの森」で勉強し、この国は間違っていることを女王にわかってもらうため、エコクイズの対決をするのでした。どうしても自分の間違いを認めない女王に対して、ついに「不思議な星」が怒り出しこの国は大変なことに・・「ありす」と一緒に環境を守ることを学び、「エコの国」を目指しましょう!

4つのエコイベント

  • みたかの花と緑を紹介
  • エコワークショップ
  • おもちゃの病院
  • ゴーヤの苗をプレゼント

当日の様子

当日は614人の親子連れなどで賑わいました。
主人公の「ありす」が、ユニークなキャラクターたちが登場する「不思議の国」でエコについて学び、地球の環境を守ることの大切さを伝えました。
来場者はエコイベントで作った「手作りうちわ」を使って、「ありす」たちと一緒にエコクイズに挑戦し、エコについて学ぶことができました。
ミュージカルでは、オーディションで選ばれた市内在住の小学生(47人)が出演し、歌と踊りでエコに対する想いを伝えました。
出演者と来場者が楽しみながら環境について考えることができました。

平成27年6月27日(土曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画

《内容》
ブレーメンの音楽会 エコミュージカルコンサート 水は地球の「い・の・ち」
グリム童話「ブレーメンの音楽隊」の動物たち、楽器片手に張り切って登場。ですが、何やら様子が変!どうやらゴミだらけの川が気になってしかたがない様子。すると、どこからかうめき声が...動物たちの前に「空き缶のカンちゃん」がメッセージを伝えに登場。池や川や海はごみ箱じゃない!川や海が汚れるとどうなるの?水の再生や循環などをみんなと一緒に考えます。水を大切にすることは地球を大切にすることということを楽しく学びましょう。

4つのエコイベント

  • みたかの水を紹介
  • エコ楽器ワークショップ
  • おもちゃの病院
  • ゴーヤの苗をプレゼント

当日の様子

当日は、543人の親子連れなどで賑わいました。ブレーメンの動物たちが楽しいステージをとおして、水の大切さを伝えました。途中、子どもたちが舞台に上がり、エコイベントで作ったエコ楽器を鳴らして、ブレーメンの音楽隊の動物たちと一緒に演奏しました。楽しみながら環境についてみんなで一緒に考えることができました。

平成26年6月15日(日曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画

《ミュージカルのあらすじ》
ブレーメンの音楽隊の動物たちの前に、もったいないの心や食べ物への感謝などについてのメッセージを伝えにとうもろこしの精が登場します。楽しいステージを通して環境についてみんなで一緒に考えます。

5つのエコイベント

  • 三鷹産農産物の直販マップの配布
  • エコ楽器ワークショップ
  • 食とエネルギーについて学ぼう
  • ゴーヤの苗をプレゼント
  • とうきょうエコ・ムーブメント

当日の様子 

当日は、693人の親子連れなどで賑わいました。子どもたちは、自分で作ったエコ楽器を鳴らして、ブレーメンの音楽隊の動物たちと一緒に踊ったり、歌ったりすることで、食べ物の大切さを楽しく学ぶことができました。
エコイベントでは、行列ができるブースもあり、子どもたちはエコイベントの抽選やクイズでもらったエコグッズや、エコ楽器を大事そうに持ち帰っていました。

平成25年6月29日(土曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市公会堂 光のホール
出演 メルヘン・ミュージック・シアター日本芸術企画

《ミュージカルのあらすじ》
人間から追い出されたり逃げ出したりしてきたブレーメンの動物たちは、ある日捨てられた大きな箱を見つけます。その中には役に立たなくなったおもちゃやガラクタがいっぱい…!動物たちは、その捨てられたおもちゃたちを自分のことのように思え、とてもひとごととは思えません。捨てられたおもちゃたちや動物たちが新し
く生まれ変わるにはどうしたらいいの?みんなで一緒に考えましょう。

5つのエコイベント

  • おもちゃの病院
  • エコ楽器ワークショップ
  • 絵本リレー
  • でまえとしょかん
  • とうきょうエコ・ムーブメント

当日の様子 

当日は、503人の親子連れで賑わい、一緒に演奏しながら、大好評のうちに公演を終了することができました。また、同時開催の5つのエコイベントについても、大勢の人々で賑わいました。

平成24年6月3日(日曜日)⇒終了しました

場所 三鷹市芸術文化センター
出演 クッキーズスペシャル

《ミュージカルのあらすじ》
元気いっぱいの子どもたちは、花と緑の公園にピクニックに行きました。するとそこへ、50年後の未来の地球からピピがタイムマシーンでやって来ました。ピピの住む未来の地球は病気にかかったように熱が上がって、もうこわれそう!地震や洪水で街は流され、植物も動物も育ちません。でも、どうして地球は病気になってしまったの?地球を助ける方法は??大好きな人の為に大切な地球を守りましょう、みんなでいっしょに考えましょう。

当日の様子 

当日は、210人の親子連れで賑わい、一緒に歌ったり踊ったりしながら、大好評のうちに公演を終了することができました。

平成21年6月28日(日曜日)⇒終了しました

会場 三鷹市公会堂 光のホール
出演 クッキーズスペシャル

《ミュージカルのあらすじ》
今日はとなり山のお祭りの日。1番が大好きなウサギ君はマイカーでさっさと出かけました。ゆっくりのんびりのカメ君はバスに乗っていくことにしました。カメ君は、バス停に集まった森の仲間に「地球が困っている」と聞きました。『ちきゅうおんだんか???』
なんだか難しそうだけど、バスに乗ることですこ~し地球を助けたみたい。「もっと地球を助けたい!」みんなで一緒に考えてたら”地球お助け隊”になりました。
だけど・・・誰もいないお祭りに1番乗りのウサギ君は??

当日の様子

当日は、540人の入場者があり、地球温暖化について考えることができました。ミュージカルは、小さなお子さまにも分かりやすいので、皆さん楽しんでいたようです。

このページの作成・発信部署

生活環境部 環境政策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2523~2525) 

FAX 0422-45-5291

環境政策課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

イベント・講座

  • イベント・講座は、ありません。

ページトップに戻る