スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 秘書広報課広報係

公開日:2009年3月3日 最終更新日:2009年3月4日

画像:村々の成立時期を表すイラスト(拡大画像へのリンク)

(画像クリックで拡大 22KB)

新田開発により村が続々と誕生

 江戸時代には、古くからある牟礼、大沢の村落が幕府の直轄領になり、新川、中仙川(現・中原)は柴田勝家の孫、勝重の知行地となって開発が進みました。

 下連雀は、明暦、万治の江戸の大火の際に、神田連雀町の被災者が幕命によって移転し開墾した地域です。
 街道や玉川上水の開発などにつれて、連雀、野崎、野川など古新田と呼ばれる村々が開かれたのち、井口、深大寺、大沢、野崎などの新田が八代将軍吉宗による、幕府財政立て直しのための武蔵野新田開発により、続々と誕生しました。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 秘書広報課広報係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2133、2134)  ファクス:0422-76-2490

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

秘書広報課広報係のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版