ここから本文です

東京外かく環状道路(関越道~東名高速間)についての考え方

作成・発信部署:都市整備部 まちづくり推進課

公開日:2009年3月24日 最終更新日:2014年4月25日

 平成17年9月16日に国土交通省と東京都は、「東京外かく環状道路(関越道~東名高速間)についての考え方」(計画の具体化に向けて)をとりまとめました。
 このとりまとめは、これまでの検討を踏まえ、外環の整備による首都圏の交通渋滞や環境の改善、経済効果、都市再生に果たす役割等から、沿線地域をはじめ首都圏全体として、外環の必要性は高いと判断し、計画の具体化に向けた考え方を示したものです。

東京外かく環状道路(関越道~東名高速間)についての考え方-(計画の具体化に向けて)-

公表の主な内容

外環道の本線について

 外環本線は、現在の都市計画の位置を基本として、極力、大深度地下を活用し、既存の高速道路(関越道、中央道、東名高速)とはジャンクションで接続する案とする。

インターチェンジ(出入口)について

 外環本線と同時に整備するインターチェンジについては、周辺の交通状況や利便性、地元の意向等を踏まえ、目白通り、青梅街道及び東八道路の3箇所にインターチェンジを設置し、国道20号及び世田谷通りにはインターチェンジを設置しない案とする。

  • 目白通りインターチェンジ(仮称):大泉ジャンクションとの一体構造
  • 青梅街道インターチェンジ(仮称):練馬区内に関越道方向へ出入り可能な構造
  • 東八道路インターチェンジ(仮称):中央ジャンクション(仮称)との一体構造(中央道への乗り降り可能な構造)

 今後、国土交通省と東京都は、この考え方について沿線自治体等の意見を聴きながら、早期に計画を具体化し、外環整備に伴う環境への影響や、環境対策について検討を行っていくこととしています。
 また、外環に関連する沿線のまちづくりや周辺道路の整備等についても、沿線自治体とともに検討を進めていくこととしています。

外環に関する詳細情報
  • 国土交通省関東地方整備局東京外かく環状道路調査事務所
    (電話&ファクス)フリーダイヤル 0120-34-1491(所在地)〒158-8580 世田谷区用賀4-5-16 TEビル7F
  • 東京都都市整備局都市基盤部街路計画課
    (電話)03-5388-3279 (ファクス)03-5388-1354

このページの作成・発信部署

都市整備部 まちづくり推進課 外環対策担当
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2864、2865) 
ファクス:0422-46-4745

まちづくり推進課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る