スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:子ども政策部 子ども育成課

公開日:2014年6月11日 最終更新日:2016年10月20日

現在、育児休業中で保育園の申し込みをされる場合について

 育児休業中のかたは、育児をするために休業しているので保育園入園の対象とはなりませんが、勤務復帰日の1カ月前からは保育園に入園できる対象となります。
 そのため、育児休業中に入園が決まった場合は入園した月の翌月1日までに職場復帰をしていただきます。

4月1日に入園するためには、4月中または5月1日付けで職場復帰することが条件になります。

 仕事に復帰したことの確認のため、復帰後すみやかに『復職証明書』をご提出ください

注意事項
期限までに職場復帰できない場合は、内定が取り消されるか、入園したとしても入園月の末日で退園となります。

 また、入園した月の翌月1日以降が育児休業期間に入っている場合は、育児休業期間の終了日を入園後1カ月以内に繰り上げて職場に復帰していただく必要があります。

 復帰日が月の途中の場合は、復帰する月の初日より入園対象になりますのでお間違えのないようご注意ください。

注意事項
  • 復帰日を早める場合に勤務先とトラブルとなるケースが稀にございますので、勤務先とよくご相談ください。
  • 派遣労働で育児休業取得中のかたは育児休業取得前と同じ派遣元での復職が必要です。また、同じ派遣元であっても、勤務条件が変更になる場合は入園内定の取り消しや退園になる場合があります。

既に保育園に在園中のお子さんがいて、育児休業を取得される場合について

 上のお子さんが在園中に、母親が出産し育児休業を取得する場合は、いわゆる育児休業法及び勤務先の就業規則に基づく育児休業中であることを示す雇用主の証明書(取得期間の記載のあるもの)を提出してください。
 なお、保護者が育児休業する場合の、既に在園している上の子の継続入所に関する取扱いは以下のとおりです。

認可保育所に上の子Aが在籍している間に下の子Bが誕生した場合、保護者がBの(育児休業法による)育児休業中であっても、Bが満1歳になる年度の年度末まで、Aはその在籍園にそのまま在籍することができる。

上の子Aが1歳児クラスに在籍中に、下の子Bが平成28年9月に誕生し、保護者は育休を開始。在園中のAは、Bが1歳になる平成29年9月の年度末(平成30年3月)まで在園可能。
補足事項
詳細については、子ども育成課までお問い合わせください。

このページの先頭へ

関連リンク

申請書はこちらでダウンロードできます

このページの作成・発信部署

子ども政策部 子ども育成課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2731〜2739)  ファクス:0422-48-3852

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

子ども育成課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版