ここから本文です

高額介護合算療養費(後期高齢者医療保険)

作成・発信部署:市民部 保険課

公開日:2017年4月1日 最終更新日:2017年4月1日

支給要件

世帯で1年間(8月1日から7月31日)に支払った後期高齢者医療保険の一部負担金等の額と介護保険の利用負担額の合算額が、世帯の自己負担限度額(下の表)を超えるときは、後期高齢者医療保険と介護保険それぞれの制度から払い戻されます。

高額療養費および高額介護サービス費が支給された場合

高額療養費および高額介護サービス費が支給された場合は、なお残る一部負担金額・利用者負担額が合算の対象となります。

高額介護合算療養費の支給対象とならない場合

  • 後期高齢者医療保険または介護保険の自己負担額のいずれかが0円の場合は対象となりません。
  • 自己負担限度額を超える額が500円以下の場合は支給の対象となりません。

※支給対象となる方には2月以降に東京都後期高齢者医療広域連合からお知らせをお届けする予定です。

高額介護合算療養費自己負担限度額(世帯ごとの年額)
負担区分 後期高齢者医療保険+介護保険の自己負担金額
現役並み所得者(3割) 67万円※
一般(1割) 56万円
区分2(世帯の全員が住民税非課税である方) 31万円
区分1(世帯の全員が住民税非課税であり、かつ所得がない方。ただし公的年金の控除額は80万円として計算) 19万円

※平成30年7月まで。平成30年8月から限度額の見直しが予定されています。

手続の際は、マイナンバー(社会保障・税番号)の記載・提示が必要です

申請手続では、平成28年1月以降、マイナンバー(社会保障・税番号)の記載・提示とマイナンバー法に基づく本人確認が必要です。

※マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方は1枚で本人確認が完了します。くわしくは「マイナンバー(社会保障・税番号)制度における本人確認について」をご覧ください。

申請者本人が来庁される場合

申請者本人がお越しの場合は、以下の書類をお持ちください。

  • 「マイナンバーカード(裏面)」や「マイナンバーの通知カード」など番号を確認できる書類
  • 本人確認のできる書類(「マイナンバーカード(表面)」のほか、運転免許証や旅券(パスポート)など)

代理の方が来庁される場合

代理の方がお越しの場合は、以下の書類をお持ちください。

  • 申請者本人のマイナンバーの通知カードまたはマイナンバーカード(写しも可)
  • 戸籍謄本等(法定代理人)または委任状(任意代理人)
  • 代理の方の本人確認のできる書類(運転免許証、パスポートなど)

このページの作成・発信部署

市民部 保険課 高齢者医療係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2384、2385) 
ファクス:0422-41-4531

保険課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る