ここから本文です

三鷹市簡易版環境マネジメントシステム

作成・発信部署:生活環境部 環境政策課

公開日:2019年2月8日 最終更新日:2019年2月8日

 三鷹市では、平成17年2月に三鷹市環境センター、さらに平成18年12月に三鷹市庁舎等(三鷹市民センター及び教育センター)において、「環境マネジメントシステム」(以下、EMS)に関する国際規格「ISO14001」の認証を取得し、環境の保全及び環境負荷の低減に取り組んでいます。

 市庁舎等のEMSの導入においては、職員の環境意識の向上が図られ、省エネルギー省資源活動が着実に根付いてきており、エネルギー使用量の削減などの目に見える成果が表れています。

 環境安全都市を目指すために、すべての市営施設を対象に、どのような形でEMSを導入するかを検討したところ、地球温暖化対策実行計画の推進と環境法令の順守を基本とした、「簡易版環境マネジメントシステム」(以下、簡易版EMS)を構築することが望ましい、という結論に至りました。

 この簡易版EMSには、二つの柱があります。一つは、市の施設における地球温暖化対策実行計画による環境負荷の低減及び環境保全を推進する取り組みを、効率的かつ効果的に運用していく環境活動のしくみです。二つ目は、施設管理に求められる様々な環境関連の法令順守であり、現状の事業活動や使用設備等の調査を通して環境関連の法規制を特定し、法令順守の徹底を進めていくしくみです。
 市の施設においては、環境保全は職員だけでなく、利用者である市民や事業者の協力を得る必要があります。利用者の皆さま方のご協力を、お願い申しあげます。

概要

1 環境方針

 環境方針とは、市長がEMSの全体的な意図及び方向付けを示した文書です。簡易版EMSも、下記の関連リンクのとおり、これに基づいて取り組んでいきます。

2 対象施設一覧

 対象は、下記の公設公営の施設です。ここで働く正職員・嘱託員・臨時職員等、すべてが適用範囲になります。

  • 市政窓口(4か所)
  • 消費者活動センター
  • リサイクル市民工房
  • 星と森と絵本の家
  • 子ども家庭支援センター(2か所)
  • 保育園(9か所)
  • 多世代交流センター(2か所)
  • 図書館(5か所)

3 しくみ

 簡易版EMSでも、市庁舎等のEMSと同様、環境方針に基づいた目標を設定し、全職員がその達成を目指して、日頃から環境負荷の低減に努め、環境保全活動を実施していきます。

 このシステムでは、地球温暖化対策実行計画にある電気・ガス・水道・ガソリン・軽油の削減を目標とした基本目標と、施設が特色を生かして設定する個別目標を達成するために、職員の行動を含めた取り組みを進めます。また、「環境法規制順守点検表」を活用して、法令順守を行います。

このページの作成・発信部署

生活環境部 環境政策課
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2523~2525) 

環境政策課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る