スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:企画部 企画経営課

公開日:2010年11月26日 最終更新日:2016年11月2日

(「三鷹・長崎平和交流事業」は平成22年度単年度実施事業です。現在は行われていません。)

「三鷹・長崎平和交流事業」について

市制施行60周年記念事業の一環として、「三鷹・長崎平和交流事業」が8月に実施されました。三鷹市からは各市立中学校を代表して7名の生徒を長崎市へ派遣し、8月8日から9日にかけて、長崎市主催の「青少年ピースフォーラム」や、長崎市立滑石中学校の平和集会に参加してきました。8月21日には、長崎市からピースメッセンジャーとして、青少年のボランティアと同中学校の生徒さんが三鷹市を訪れ、「派遣報告会・意見発表会」でお互いの意見を発表し、交流を深めました。三鷹市からの派遣中学生が発表した報告レポートを掲載します。(※原文のとおり)

鷹南学園 三鷹市立第五中学校一年 前村 優貴子さん

 私たちは、今回、長崎でひらかれた青少年ピースフォーラムに三鷹市の代表として参加させていただきました。この体験を通して、私が考えたことを発表させていただきます。 最初に、自分が事前に調べたことと実際を比較して感じたこと、次にピースフォーラムで話し合いをしてつかんだこと、最後に自分がこれから平和のために何をしていくかをお話しします。
 まず、調べたことと実際を比較して感じたことです。
 長崎に行くにあたり、原爆資料館の展示物や、原爆の被害、被爆者のお話などについてはある程度、調べました。しかし、長崎で見た原爆の後や記録は、白黒写真しか見なかった私の想像を、はるかに超えるひどいものでした。ショックだったのは、原爆資料館で見た被爆者の方の顔面の熱傷です。顔の右側が目も鼻もわからないほど焼けただれ、ぐじゃぐじゃで、人間の顔ではないようでした。屋根にしきつめられていた瓦は、高温で溶けて、プツプツと無数の泡が広がり、爆心地に近くなるほど、その泡は大きくなっていきました。1200度を超える高温が、たった一発の爆弾から出ることに、私は言葉を失ってしまいました。
 原子爆弾が爆発するその一瞬で、都市が一つ焼け野原になり、生き物は炭になる。そこで生き残ったとしても、ひどいやけどの痛みにもがき苦しんだり、放射能で原爆症になり血を吐いて死んだり、命拾いをしたと思っていたら、数ヶ月から数年後に突然、ガンや白血病になったり・・・その脅威は言葉ではとても伝えきれないものだと感じました。
 なめし滑石中学校の平和記念集会では、学年ごとの活動の記録を発表していました。わたしが全く知らなかった原爆に関わる建造物が紹介され、長崎には人々に知られていないところにも原爆の傷跡が残っているのだな、と痛感しました。
次にピースフォーラムで感じ、考えたことについてです。
 青少年ピースフォーラムでは、平和と平和でないことについて、話し合いました。地元長崎の高校生や大学生のピースボランティアの方々が、話し合いの手助けをしてくださいました。平和の大切さを広めるために、行動している姿を見て、その使命感の強さに感動しました。平和と平和でないことにはっきりとした境界線を引くのは、大勢で考えても難しいことで、まとめるのにとても苦労しました。なぜなら、平和と幸せが同じものなのかどうかで混乱したからです。ある人は家族が一緒にいられれば平和だと言い、ある人は戦争がないことが平和だと言いました。いや、これは幸せともいえるかもしれないと言った人もいます。
 そして、私はここで1つ確信しました。同じ日本人の同年代の中学生だけで話し合って混乱するのなら、異なった国、異なった民族、異なった宗教、異なった年齢の人たちが平和について話し合ったら、結論にたどり着くのは難しいということです。
 最後に、これからの自分の行動についてお話しします。
 私はこの青少年ピースフォーラムを通して、「平和を保つために自分ができる行動」をずっと考えてきました。そして出た結論は、身の回りで起きていることを常に知ろうと努力すること、周囲の人に思いやりをもつこと、そして、「戦争をしてもよい」という考えには絶対賛成しないということです。ピースフォーラムでお話をしてくださった方は、「平和を守ることは、周りの人と仲良くすることからでも始まるのです」とおっしゃいました。また、テレビで見た長崎の被爆者の方は、「平和の原点は、人の痛みがわかる心を持つこと」とおっしゃっていました。戦争がない日本でも、いじめや児童虐待など、私たち子どもにとって平和ではないことは絶えません。その一つの原因は、人を思いやる心がうすれているからではないでしょうか。一人一人ができることは、本当に小さなことかも知れません。でも、多くの人が相手を思いやる心を大切にすれば、それは大きな力になると思います。だから私は、仲間を気遣い、傷ついていたら支えて、自分の周囲が平和になるように努力したいと思います。
 先日テレビの番組で、池上彰さんが「戦争はいったん始まると止められないのです。そして止められないまま、もうこれ以上もたないところまできてやっと終わるのです」とおっしゃっていました。私たちは、戦争を始めない努力を続け、「平和を守る」という志(こころざし)を捨ててはいけないと思います。私はまだ選挙権がありませんが、将来はどの候補者がどんな考えを持っているのかをよく調べて、「戦争をしてもよい」と考えている候補者は支持しないようにしたいと思います。
 最後に、多くの準備をして私たちを招いて下さったなめし滑石中学校の皆さん、ピースボランティアの方々に心からお礼を申し上げます。また、今回ピースフォーラムに参加する機会を下さり、ご指導いただいた、清原市長、三鷹市役所の方々、第五中学校の先生方にもお礼を申し上げます。ありがとうございました。

東三鷹学園 三鷹市立第六中学校三年 冨永 惟温さん

 ぼくは、このピースフォーラムを通してさまざまな事を学びました。
 そもそも僕がこのフォーラムに参加した理由は、広島の原爆のことはある程度の知識があり、僕の祖父や曾祖母、それに親戚のほとんどが広島で被爆していて、その話を小さい頃に聞いていたからです。だけれど長崎のことはあまりよく知らなかったので、このフォーラムを通して長崎のことを知り、平和のために何か自分ができることを見つけたいと思ったからです。
まず一番印象に残ったことは、二日目の午後にあったピースフォーラムです。そこでは、平和を感じる時というのは、人それぞれこんなに違うものなのだなと少し驚きました。僕は、平和な時とは争いごとのない平穏な時かなと思っていたのですが、違う意見ばかりだったので、みんな具体的な内容まで考えているんだなと思いました。印象が強かった意見は、お弁当のふたを開けた時に、好きなものが入っていて「ヨシッ」ってなったときに平和だと感じるという意見でした。
他にも誰もが笑っていたり飯を腹いっぱい食える時が平和だという意見もありました。また平和でない時がどんな時かを紙に書き出すことになったとき、僕は単に争いがあるときが平和でない時だとおもっていたのですが、これにも色々な意見が出ました。自然災害が起こってそれに巻き込まれて人が死んだり、その影響で不作が起こったりして人が苦しんでいる時が平和でないと言う人がいたり。無駄なものがたくさん出ている時なども平和でないと言う人がいました。
 この交流で僕は、人々はいつの時代も平和を望んでいるけれど、人それぞれ望んでいる平和が違うんだと思いました。
だから、これからは自分だけの平和を作るのではなく、全ての人の意見をひとつにまとめて、それを目標にして頑張れば、本当に全ての人が望んでいる平和に近づいていくのではないのかなと思いました。原爆についても、原爆資料館に行ったり、当時の建物で原爆にあっても壊れずに残った部分を見て回ったりしました。そういったものを見て、改めて原爆のおそろしさを感じました。
資料館には、机に座って仕事をしている人の影が焼きついた壁の写真がありました。その写真から炸裂時の熱や光の凄さが感じられました。そのほかにも放射能や熱せんで負傷した人の写真や、放射能がもたらす人体への影響の解説も載っていました。放射能は、直接被爆していなくても親が被爆していたり、被爆直後の長崎に入っただけでも影響が出て、被爆者同様に髪の毛が抜けたり歯茎から血が出るなどの症状が出て、死に至ることもあるそうです。
 僕の祖父や被爆した親戚のほとんどは、放射能の影響で僕が三歳のときに亡くなりました。あと曾祖母は、耐性があったのかどうかはわかりませんが、医者がびっくりするほど全く放射能の影響らしき症状が全くでずに、94歳という長い人生をただの老衰でとじました。
 そしてこんな恐ろしい放射能を出す兵器は、今も地球上に、人類の文明を何度も滅ぼすことが可能なほどあります。僕はそんな核兵器のない世界が来てほしいと思います。確かに近年核軍縮の条約などにより、少しずつは減っていまが、原爆や核兵器について学んだり調べたりしていくうちに、もしかして核兵器は減らすことができても無くすことはできないのではないかと思うようになってきました。その理由のひとつとしては、僕は核所有国は核を使うことが悪ではなく仕方のないことだと思っているように思えるからです。例えばアメリカは、戦争を終わらせるために核の使用は仕方なかったといって、原爆を落とした長崎や広島に対して賠償どころか謝罪もしていません。その後アメリカはビキニ環礁で核実験を行ったため、第五福竜丸を含む、日本の漁船千隻以上や、ビキニ環礁付近の島に住んでいた住人約二百人が被爆したといわれています。この核実験を行った人たちは、これらの人々に対して、賠償も謝罪もしませんでした。僕はこれを聞いて、核の使用が悪ことだと思っていない人がいることを痛感せざるを得ません。
 また核所有国は、核戦争が起こらないための抑止力だといっていますが、それも怪しいところです。数年前、核実験を宣言し、全世界が実験を断念するよう強く警告をしたのにもかかわらず突然核実験をやってしまった国がありました。だから僕は実質、核は所有されれば必ず使われると思えてなりません。
 だからそんな危険なものは無くしてしまうのが一番だと思います。しかし、そううまくいくはずもないので、世界中で三鷹市や長崎市のような非核宣言都市、あるいはコスタリカのような非武装国家、あるいは日本のような非核・戦争放棄国を増やしていって戦争や核が悪なんだということを世界に伝えていくべきだと思います、こうすることで遠い未来のことかもしれませんが 、地球上の核廃絶・半永久的平和が作れると僕は思います。
 そんな尊い平和を実現させるために、「よし、俺が将来国連事務総長になって核や戦争をなくそう。」というわけにもいきません。夢は大きくといっても限度ってもんがあります。だからぼくは、まず今回学んだことを学校で発表して、みんなに原爆の恐ろしさや平和の大切さについて知ってもらいます。
そして僕は、日々僕の周りからできる平和の実現に貢献できそうなこと、
例えばいじめを見てみぬ振りをせず、自分自身も人をいじめない。暴力で物事を解決しない。これを実行していきます。

おおさわ学園 三鷹市立第七中学校一年 大塚 杏子さん

 私は今回の三鷹・長崎平和交流事業に参加して、平和についての考えに新たな要素が加わりました。
 まず、原爆が落とされた直後の人はどれだけ眠れない日々が続いたんだろうと思い、当時の情景を思い浮かべてみました。私はやることがなければ夜更かししない方なので、約8〜9時間の睡眠をとれています。そんな私と当時の人を比べたときに、おそらく当時の人は、眠れる時間が少なかったのではないかと考えました。原爆直後のなにも情報のない不安、偵察にくる戦闘機の騒音などで安心して眠ることができなかったのではと考えました。そう考えると私はこの時代に生まれてよかったなと思っています。しかし、 終戦を迎えて65年経った今でも核保有国は存在しています。本当の意味での平和は人間という生き物が存在している限り訪れないと思います。
 そして次に、終戦直後の子ども達は子どもでいることができなかったのではないかと考えました。子どもが親を失っている場合その分働かなければ鳴らなくなるし、遊ぶという事等できる訳がないと思ったからです。本来大人がやるべき事を子どもがやらざるを得なかったため、子どもとして過ごす自由な時間が無かったのではないか。当時の人が悪いと言いたい訳ではなく、ただどれだけたくさんの人が1945年8月9日午前11時2分に原爆が落とされ亡くなり、子ども達の人生にまで影響を与えてしまったのではと考えました。
 また、平和と戦争について考えてみました。よくよく考えると平和の裏には必ず争いがあるのではないかと思いました。どの国も自国への多大な利益や未来の平和を思って戦争していたのではないかと考えたからです。利益を得るためとかではなく、国の平和を思っているのならば大切な国民を失う事が無いよう、武力に頼らず話し合いで解決すればよかったのではないかと思います。話し合う事自体も簡単には行かないとは思いますが。
 私にとって平和とは、家族そろっていつものようにご飯を食べたり、友達とケンカして仲直りしたり、夜ぐっすり眠ったりする事、そんないつもの暮らしをしていけることが平和です。私は考えます。平和を維持する丈にはこの世から「欲」をなくさなければいけないのではないか、戦争が起きる根本的な理由は「お金」なのではと思いました。「お金」さえなければとは思いますが、貿易や物を無駄に使わないようにするストックとして「お金」は必要となります。私が思う平和はいつくるのでしょうか。この先、新たな解決策を一人一人がかんがえていかなければならないのではないでしょうか。

このページの先頭へ

このページの作成・発信部署

企画部 企画経営課 平和・女性・国際化推進係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2115、2116) 

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

企画経営課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版