ここから本文です

星と森と絵本の家からの新しいお知らせ

作成・発信部署:スポーツと文化部 芸術文化課

公開日:2013年5月1日 最終更新日:2019年10月17日

画像:写真:桶に入ったクサギの染液でハンカチを染めている様子(拡大画像へのリンク)

どんな色に染まったかな?

(画像クリックで拡大 45KB)

ここでは「三鷹市星と森と絵本の家」からのお知らせや最近の動きを紹介しています。

草木染めワークショップを開催しました!

10月14日(月曜日・祝日)、草木染めワークショップを開催しました。
今回は絵本の家の中庭に自生しているクサギの木に実る青い実を使用してハンカチを染めました。

草木染めを教えてくれるボランティアの皆さんと参加者全員で自己紹介をしたあと、まずはハンカチのどこに模様を入れるか、どのような模様にするかイメージを膨らませ、位置を決めたら輪ゴムで縛ります。
縛り終えたら用意したクサギの枝から実を1粒ずつ採り、集めた実を沸騰させた羽釜のお湯の中に入れて煮込みます。
参加者みんなで順番に羽釜の中の水を柄杓でかき混ぜると青い染液が完成。

羽釜にできた染液を桶に移したらいよいよ染色作業!
染液にハンカチを入れて、生地に染み込むまで時間をかけてしっかりかき混ぜます。
かき混ぜ作業は参加した子どもたちが率先して行ってくれました。
生地にクサギの青色が入ったのを確認したら、桶から取り出して水洗いをし、輪ゴムを外します。すると輪ゴムで縛っていた部分から染まらずに残った白い生地が綺麗な模様となって表れました。
参加者みんなでハンカチを見せ合い、完成の喜びを共有したら最後はクサギの木の前でハンカチと一緒に写真を撮って終了。

雨が降ったり止んだりと生憎の天気でしたがボランティアの皆さんや参加者同士の会話も弾み、楽しいワークショップとなりました。
ご参加くださった皆さんありがとうございました!

画像:写真:今年のヒョウタンの様子(拡大画像へのリンク)

今年は、ヒョウタンが少なくて残念!

(画像クリックで拡大 47KB)

ヒョウタンのグリーンカーテン、その後

絵本の家では、今年6月から中庭の展示施設側にヒョウタンを植え、グリーンカーテンとして育てていました。

例年、収穫したヒョウタンで、ランプ作りなどのワークショップができるほど豊作でしたが、ここ数年は実のつきが悪く、さらに、今年は9月の台風15号の強風により、成っていたヒョウタンの多くが、まだ完熟しないうちに、収穫しなければなりませんでした。

そのため、収穫の時にまだ柔らかかったり、種抜きの準備のために水につけているうちに、溶けたり、割れたりして、残ったのは10センチくらいのヒョウタンを中心に20個ほどでした。

わずか20個ですが、大きな台風19号の去った後の10月14日、ご来館の皆さんにも手伝っていただき種抜きをしました。

ヒョウタンのワークショップはできませんでしたが、また、楽しいコーナーやワークショップを企画、実施していきたいと思います。お楽しみに!

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 芸術文化課 星と森と絵本の家
〒181-0015 東京都三鷹市大沢二丁目21番3号(国立天文台内)
電話:0422-39-3401 
ファクス:0422-39-3402

芸術文化課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る