スマートフォン版 パソコン版
緑と水の公園都市 三鷹市

作成・発信部署:スポーツと文化部 芸術文化課

公開日:2011年7月6日 最終更新日:2013年6月19日

見る・知る・感じる絵本展 「おひさま いっぱい」(この展示は終了しました)

あたたかくて、まるくて、おおきなおひさま。
外あそびの子を一日じゅう見守るおひさま。
雨のおはなしの最後のページにかがやくおひさま。
絵本のなかでおひさまは、お天気をあらわし、時間をあらわし、気持ちをあらわしているようです。いちめん明るい光のさす庭や夕焼け雲は、姿はないけれどそこにいるおひさまを感じるときです。

展示室内には、「日当たりの角度と温度」「白夜と極夜」などの模型・パネルによる解説もあります。”天体としての太陽”、そして絵本作家の目がとらえ描いた”くらしのなかのいろいろなおひさま”を見て、知って、感じてください。

会期

平成23年7月7日から平成24年6月30日まで

企画紹介

今回の「おひさま いっぱい」は、星と森と絵本の家では初めての"昼間に見える天体"の展示です。おひさまを感じるワークショップも企画していますので、ぜひお越しください。

金環日食の模型が登場しました

5月21日朝、東京では金環日食が見られます。
その金環日食が起こるしくみを、模型で体感できるようになっています。

展示監修

縣秀彦氏(国立天文台普及室長) 広松由希子氏(絵本研究家)

画像:絵本展示室「おひさまいっぱい」展示風景(拡大画像へのリンク)

絵本展示室「おひさま いっぱい」絵本展示コーナー 

(画像クリックで拡大 37KB)

このページの先頭へ

添付ファイル

展示されている絵本のリストはこちらからご覧になれます

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(外部リンク)

このページの作成・発信部署

スポーツと文化部 芸術文化課 星と森と絵本の家
〒181-0015 東京都三鷹市大沢二丁目21番3号(国立天文台内)
電話:0422-39-3401  ファクス:0422-39-3402

このページの内容に関するお問い合わせはこちらから(SSL対応)

芸術文化課のページへ

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なお問い合わせは、このページの作成・発信部署へ直接お願いします(こちらではお受けできません)。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないようにお願いします。
  • 文字化けの原因になりますので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは使用しないでください。

集計結果を見る

このページの先頭へ

三鷹市役所〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号電話:0422-45-1151(代表) 市役所へのアクセス

開庁時間:月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝日、12月29日〜1月3日を除く)

スマートフォン版 パソコン版