ここから本文です

三鷹市浸水ハザードマップ

作成・発信部署:総務部 防災課

公開日:2008年4月17日 最終更新日:2019年11月13日

東京都は洪水ハザードマップの想定を更新しました

東京都は、令和元年6月27日に三鷹市を流れる河川「野川・仙川流域」の大雨による河川の増水や雨水による浸水の想定を更新しました。なお、神田川流域は平成30年3月、城南地区河川流域は平成3012月に更新されています。            

対象とした降雨
想定最大規模降雨(時間最大雨量153ミリ 総雨量690ミリ)

三鷹市では、東京都の想定に合わせ浸水ハザードマップを今年度中に更新する予定です。

東京都が作成した浸水予想区域図は以下窓口などでご覧いただけます。

  1. 都庁第二本庁舎6階 東京都建設局河川部計画課(新宿区西新宿2丁目81号)
  2. 三鷹市総務部防災課(元気創造プラザ5階)
  3. 野川・仙川流域、神田川流域、城南地区流域浸水予想区域図(東京都建設局HP)(外部リンク)
  4. 野川・仙川流域、神田川流域、城南地区河川流域浸水予想区域図(東京都下水道局ホームページ)(外部リンク)
東京都が更新した浸水予想区域図(PDF版)

このページ下部からも添付ファイルをダウンロードができます。
(通信環境により表示に時間がかかる場合があります)

もしもの時の備えにご利用ください

三鷹市浸水ハザードマップとは
下水道で想定している以上の大雨が降った場合や河川が氾濫しなくても河川に放流できない場合に、下水があふれて発生する浸水をシミュレーションにより予測し、浸水区域とその深さを表示するとともに、浸水への対応や避難所などを示しています。
浸水シミュレーションデータ(観測史上最大規模の降雨で想定)
平成12年9月 東海豪雨(観測史上最大規模)
総雨量589ミリ、時間最大雨量114ミリ

三鷹市浸水ハザードマップの入手・閲覧方法

PDF版

このページ下部の添付ファイルからダウンロードができます。
(通信環境により表示に時間がかかる場合があります)

電子書籍版

電子書籍公開サイト「みたかe-bookポータル(外部リンク)」では、三鷹市全体の浸水ハザードマップ(外部リンク)を閲覧できます。

三鷹市わがまちマップ

「三鷹市わがまちマップ」では、インターネットで市内の公共施設などの地図情報を提供しています。住所で検索もできます。
三鷹市わがまちマップ(外部リンク)の「安全・安心」のページから閲覧できます。

市内施設で配布

総務部防災課(元気創造プラザ5階)、市民部市民課(市役所本庁舎1階)、各市政窓口で配布しています。

三鷹市浸水ハザードマップの見方

この地図は、市内を10×10メートル(一部5×5メートル)に分割した区域ごとの浸水の深さを4段階で表示しています。

浸水の深さ

  • 青…1.0メートル以上
  • 緑…0.5メートル以上1.0メートル未満
  • 黄…0.2メートル以上0.5メートル未満
  • 白…0.2メートル未満
注意
実際の雨の降りかたによっては、このハザードマップで示した区域とは異なる区域で浸水が発生する場合もありますので、最新の気象情報にご注意ください。

このページの作成・発信部署

総務部 防災課
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目37番1号
電話:0422-45-1151(内線:4511~4513) 
ファクス:0422-45-1190

防災課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る