ここから本文です

空き家の実態調査について

作成・発信部署:都市整備部 都市計画課

公開日:2013年7月17日 最終更新日:2018年8月14日

調査報告書を掲載しています

三鷹市では、平成24年度と平成29年度に、市内全域を対象に空き家の実態調査を行いました。

調査結果は、三鷹市の空き家対策を検討するための基礎資料として活用するとともに、建物の状況などを空き家情報のデータベースに登録しています。

調査対象

一戸建ての建物とし、マンション・集合住宅内の空き室は対象外とします。ただし、全室空き室となっている集合住宅については調査対象としています。

調査方法

調査員による外観目視調査

平成24年度調査の概要

調査期間

平成24年12月~平成25年2月

空き家の可能性の高い建物数

675棟

空き家率

2.15%

算出方法
空き家の可能性の高い建物から一戸建てのみを抽出し、国勢調査の一戸建て世帯数との比率を算出しました。

アンケート調査

市の調査で空き家の所有者等が判明したものについて、アンケート調査を実施しました。
調査結果については、添付ファイルの調査報告書をご覧ください。

平成29年度調査の概要

調査期間

平成29年12月4日~27日

空き家の可能性の高い建物数

771棟

空き家率

2.08%

添付ファイル

平成24年度調査

平成29年度調査

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

都市整備部 都市計画課 住宅政策係
〒181-8555 東京都三鷹市野崎一丁目1番1号
電話:0422-45-1151(内線:2812、2813) 
ファクス:0422-46-4745

都市計画課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る