ここから本文です

平成24年度点検・評価 個別評価表(5)

作成・発信部署:教育委員会 総務課

公開日:2013年8月12日 最終更新日:2013年8月16日

5 子どもの安全・安心の確保(学務課)

(平成24年度事業計画) 第1部 目標4-1

事業の背景・目的

1 通学路上で児童生徒が交通事故に巻き込まれる事例が全国的に頻発したことを踏まえ、学校、保護者、道路管理者及び地元警察署等が連携して通学路の安全点検を実施することにより、市内の通学路における児童・生徒の安全安心を確保する。
2 東日本大震災における原子力発電所の事故により、放射性物質が拡散し、農産物等への影響が生じている。三鷹市の市立学校給食の食材について児童生徒等のより一層の安全・安心の確保の観点から、学校給食用食材の放射性物質検査を行う。

平成24 年度の目標

1 小学校全学区域において通学路の緊急点検を実施し、危険箇所を把握するとともに、対応策を検討、実施する。
2 国及び東京都が実施する学校給食用食材の放射性物質検査を活用し、学校給食のより一層の安全・安心の確保を図る。

指標

  1. 危険箇所への対応策の検討、実施
  2. 学校給食用食材の放射性物質検査の実施

平成24 年度の取組状況

1 通学路の緊急点検の実施
 国及び東京都からの通知を踏まえ、学校・保護者・道路管理者・三鷹警察署による「通学路における緊急合同点検」を実施した。点検の結果、5校から仙川公園東側道路など11か所の危険箇所が報告された。11か所のうち、5か所で外側線の設置や、外側線の内側をカラー塗装化などの対応が道路管理者によって実施され、残り6か所についても平成26年度末までに対応が図られる見通しとなり、児童・生徒の安全確保及び危険箇所の改善につながった。
2 学校給食用食材の放射性物質検査の実施
(1) 東京都教育委員会が実施する学校給食用食材の検査に参加した。市立小・中学校全22校について、1学期に1回(各校3回)の検査を実施した結果、全ての食材で、放射性物質は検出されなかった。
(2) 東京都教育委員会が文部科学省からの委託事業として実施した学校給食モニタリング事業(給食1食全体の事後検査)に参加した。南浦小学校を検査対象校とし、9週間検査を行った結果、全ての給食で、放射性物質は検出されなかった。
 以上の検査の実施結果から、学校給食の安全性と安心の確保に努めた。

平成24 年度の事業の評価(A~Cの3段階評価)

1 通学路の緊急点検の実施

進捗状況に対する評価

A 計画通り(計画以上の進捗を含む。)

成果に対する評価

B おおむね目標が達成できた

2 学校給食用食材の放射性物質検査の実施

進捗状況に対する評価

A 計画通り(計画以上の進捗を含む。)

成果に対する評価

A 目標が達成できた

今後の取組・課題

1 通学路の危険箇所のうち、1か所(道路管理者は東京都)については、歩道の拡幅を強く要望しているものの、現状では拡幅が不可能であることから、都道から市道への入り口に通学路の表示をするなど、平成26年度末までに代替対応を図る予定である。
2 平成25年度についても、児童生徒等のより一層の安全・安心の確保の観点から、引き続き学校給食用食材の放射性物質検査を行う。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

教育委員会 総務課 総務係
〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目35番28号
電話:0422-45-1151(内線:3213~3215) 
ファクス:0422-43-0320

総務課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る