ここから本文です

平成24年度点検・評価 個別評価表(7)

作成・発信部署:教育委員会 総務課

公開日:2013年8月12日 最終更新日:2013年8月16日

7 学校耐震補強工事の実施(総務課)

(平成24年度事業計画) 第1部 目標4-2

事業の背景・目的

 学校施設は、児童・生徒が一日の大半を過ごす学習の場であるとともに、地域の防災拠点としての役割を担う施設であることから、教育環境の整備を図るとともに耐震性能の確保及び防災拠点としての安全性を高めるため、計画的に学校施設の整備を進めている。
 小・中学校校舎及び体育館については、耐震診断に基づき、計画的に耐震補強工事を実施している。

平成24 年度の目標

 第二小学校西校舎、羽沢小学校体育館及び第五中学校南校舎の耐震補強工事を実施する。また、平成23年度に引き続き、平成7年度から平成12年度に行った耐震診断の結果、耐震補強工事を要しないとされた学校体育館について、耐震診断内容再調査業務を実施する。

指標

  • 第二小学校、羽沢小学校及び第五中学校の耐震補強工事の竣工
  • 学校体育館耐震診断内容再調査業務の完了(対象:南浦小学校、井口小学校、第六中学校)

平成24年度の取組状況

 いずれも当初計画どおり順調に業務を進めることができた。第二小学校、羽沢小学校及び第五中学校の耐震補強工事を竣工、これにより、小・中学校校舎の耐震化率は100%となった。また、学校体育館の耐震診断内容再調査業務も予定どおり完了した。平成23年度に再調査を行った4校とあわせて、6校の体育館について、耐震補強を要するとの結果を得た。(要補強:第三小学校、第五小学校、南浦小学校、中原小学校、北野小学校、第六中学校 補強不要:井口小学校)

平成24年度の事業の評価(A~Cの3段階評価)

進捗状況に対する評価

A 計画通り(計画以上の進捗を含む。)

成果に対する評価

A 目標が達成できた

今後の取組・課題

 耐震補強工事が必要となった学校体育館について、今後、計画的に耐震補強工事を進め、安全な学校環境の整備を推進する。平成25年度は、第五小学校及び南浦小学校体育館の耐震補強工事に向けた実施設計に取り組む。

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページ(外部リンク)から無料でダウンロードすることができます。

このページの作成・発信部署

教育委員会 総務課 総務係
〒181-8505 東京都三鷹市下連雀九丁目11番7号
電話:0422-45-1151(内線:3213~3215) 
ファクス:0422-43-0320

総務課のページへ

ご意見・お問い合わせはこちらから

あなたが審査員!

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

  • 回答が必要なご意見やお問い合わせはこちらからお願いします。
  • 住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください。

集計結果を見る

ページトップに戻る